なぜ専業トレーダーになったのかと、行動出来ない理由について

こんにちは。

長岡です。

 

今日は僕がなぜ専業トレーダーになったのかをお話ししたいと思います。

 

まず専業トレーダーというと聞こえはいいかもしれませんが、やっぱりそれなりのリスクはあるんですよね。

 

収入は不安定ですし、もちろん自分の実力次第になります。

 

もし月間の利益が50万円程度なら、専業にならないほうがいいかもしれません。

 

ちょっと調子が悪いと、月間利益が30万円程度に下がってしまうなんてことになるのは、全然考えられる範囲のことです。

 

そして、そのときの相場次第によっても収入は変わってくるんですよね。

 

全然理由が分からない方向に相場が動くなんてことも普通にあることですし、相場によっては自分が得意とするエントリ―チャンスが中々来ないこともあります。

 

別の用事があって忙しいとき、さぼって遊びたいとき、なんてこともありますよね。

 

社会的な地位もないです。

 

収入の安定という面で見ると兼業のほうがいいと言えます。

 

 

しかし、僕はずっと専業トレーダーになりたいと考えていました。

 

 

その理由は、時間が欲しかったから。

そして、自由になりたかったから。

 

 

僕は以前は普通の会社員だったため、毎日職場に通っていました。

 

平日は月曜から金曜まで。

土曜日も仕事のときはあります。

朝から夜まで仕事です。

 

それが定年まで続くんですよね。

 

お金のほうは兼業でトレードをしていたときからそれなりに稼げましたし、安定も考えると特に問題はなかったのですが、僕はその生活にうんざりしていました。

 

したくもない仕事にどれだけ人生の時間を取られるのかと。

 

人生の時間は限られています。

 

その時間の3分の1程度は会社に取られてしまうんですよね。

 

それが僕には耐えられませんでした。

 

専業トレーダーになりたいと考えてからも、トレードでは収入が安定しないということは分かっていましたので、やっていけるという自信がつく程度の月収になるまでは兼業でトレードをすることにしました。

 

そして、段々と収入を上げていき、月収が150万円を越えた辺りでそれまで勤めていた会社を辞めました。

 

 

自由な時間が増えたので、自由に旅行をしたり、だらだらしたり、好きなことに時間を使うことが出来るようになりました。

 

当時はとても清々しい気持ちになったのを覚えています。

 

そして、自由な時間が増えると、さらにFXに使える時間も増えるんですよね。

 

その当時の月収でも不安が多少はあったというのもあり、会社を辞めてからも、チャート検証など、FXに費やす時間は確保しました。

 

その後もFXには時間を使い、今に至ります。

 

で、結局のところ僕は専業トレーダーになって良かったと思っていますし、皆さんにもお薦めしたいんですよね。

 

周りには、兼業のほうが安定している、社会保険もある、ということで兼業のほうがいいと言う人も多いと思います。

 

それは最初にお話ししたような専業トレーダーのリスクを考えているわけなのですが、専業トレーダーにも、自由な時間というとてつもなく大きなメリットがあるんですよ。

 

では、何を持って専業トレーダーになることに踏み切れるのかというと、やはり、「自信と結果」です。

 

自分がこれまで利益を上げてきたという結果。

これからも利益を上げ続けることが出来るという自信。

 

と言っても、もともと最初は結果も出ていないわけですし、自信は結果によって得られるものなので、当然最初は自信もありませんよね。

 

では最初はどうすればいいのかというと、とにかく「がむしゃらにやること」です。

 

とにかくがむしゃらにやる。

結果が出てくる。

自信がつく。

 

こういう順番です。

 

自信がつけばさらにFXに取り組むことも出来ますし、エントリ―も自信を持ってやったほうがいいので、さらに結果も出るんですよね。

 

では最初の行動である「とにかくがむしゃらにやる」ということなんですが、これが出来ないという方。

 

まずは目標を明確にしてください。

 

「FXで稼ぐ金額」についてでもいいですし、「FXで稼いだ後に何をしたいか」ということでもいいです。

 

大きな目標でもいいですし、小さな目標でもいいです。

「自分が何をしたいか」、「何が欲しいか」、紙に書いてみるのもいいと思います。

 

僕は単に、欲しいものは自由でした。

 

目標があれば行動出来ますよね。

 

それでも行動が出来ない理由があるとしたら、それは、「努力の先に明確な収入が見えないから」ということがあげられるのですが、それを理由にしている人は何も出来ないですし、自分を信じてやるしかないですよね。

 

今何かを学ぼうとこれを読んでいる人、FXに取り組んでいる人は、明確な収入が見えなくても、自分を信じて努力出来る人だと思います。

 

FXで稼ぐということについての最新記事8件