FXで勝つまでの道のり(2)

こんにちは。

長岡です。

 

今日もFXで勝つまでの道のりについてお話ししていきますね。

 

「まずは知識を得る」ということで、今回は決済についてです。

 

前回はリスク管理についてお話しし、僕のエントリ―マニュアルをご紹介させて頂きました。

 

僕のエントリ―マニュアルについては、こちらに書ききれないくらい多くの感想を頂いているのですが、とても好評を頂いています。

 

入手された方は、検証し、しっかりと自分のものにして頂きたいと思います。

 

ただ、エントリ―がいくら良くても、決済をしっかりと出来ないとトータルで利益を出せない場合もあります。

 

そんなことにならないためにも、決済をしっかりと出来るようにして頂きたいです。

 

では決済についてお話しして行きますが、決済には利益確定と損切りがあります。

損切りはしっかりとやっているという方もおられると思います。

しかし利益確定より損切りの方が簡単なので、出来て当たり前です。

 

自分が設定しておいたレート、エントリ―の根拠が崩れたポイントに来たら切ればいいだけです。

「損切りが出来ない」という人は問題外だと言ってもいいです。

 

損切りが出来ないという人の中には、損切りポイントにレートが来ているのに「再び含み損が回復して含み益になって欲しい」、もしくは「レートが建値に戻って欲しい」などと期待してポジションを保有し続けてしまう、という人がいます。

 

しかし、この場合は大抵、さらに含み損が大きくなって損切りをしたくても出来なくなり、「やっぱりあのときに損切りしておけばよかった」と後悔することになったり、「結局含み損が大きくなり過ぎたところで切らされる」などということになってしまいます。

 

例えばもしそうならずに建値や含み益に戻ったとしても、今後トータルで安定した利益を出すためには、その結果は必要ないです。

 

それは、自分のルール通りにトレードをした上でしっかりと利益を上げるからこそ、今後安定した利益を出すことが出来るからです。

 

ルールを守らずにたまたま含み益に戻ったとしても、1度それを覚えるとルールを守れなくなる可能性もあります。

 

はっきりとこれだけは言えますが、設定しておいた損切りレートに来たら、迷わず損切りしてください。

 

そうしていったほうが、結果的にいいトレード、いい結果を生むことになります。

しかし、先程もお話ししたように損切りは簡単なので、そこまで大きな問題ではないです。

 

では利益確定はどうかというと、これは損切りに比べて難しいです。

どこで利益確定するかは、正解がないんです。

 

決済した後でさらに伸びていき、「もっと利益を獲れたのに」なんてことは誰でも経験していると思います。

確かに利益は伸びれば伸びるほどいいです。

 

例えば、余裕でリスクリワードが2以上、3以上に伸ばせるというのなら問題はないのですが、1以下で利益確定してしまうとしたら、ちょっと問題です。

 

いくら勝率が良くても、平均利益が少ないと、トータルで利益が残らないということにもなりかねないからです。

 

で、利益確定が難しい要因の一つとして、「含み益を早く決済したくなる」という実証された人間の行動というものがあります。

いわゆるプロスペクト理論です。

 

これはかなり厄介で、僕が人のトレードを見ていると、特に初心者の方はかなりの頻度でこれが発生しています。

 

これによって利益確定を早くし過ぎてしまうと、リスクリワードが悪くなり、理論的にFXで勝てなくなります。

 

なので、しっかりとトータルで利益が残るように利益確定をしていかなければいけないです。

 

で、まずお薦めしたいのは、リスクに対して利益が1以上、出来れば2以上になるように設定してトレードすることです。

それによってエントリ―するかどうかの判断も出来ます。

 

まずはこのことを頭に置いて利益確定ポイントを設定する。

そして、リスクリワードと、勝率を考えてエントリ―をしていきます。

 

先程お話ししたプロスペクト理論は、「損切りが出来ず、利益確定は早くしたくなる」というものです。

つまりこの通りの行動をしてしまうと、リスクに対しての利益が少なくなります。

リスクに対しての利益が少ないということは、その分勝率をかなり上げなくてはいけないということになります。

 

これを分かっていれば、必然的に利益を伸ばすしかなくなってくるはずなのですが、利益確定をどうしても早くしてしまうという方は、エントリ―ポイントを損切りポイントに引き付けるということを頭に置いてやってみてください。

 

それによって、当然損切りでの損失が少なくなりますし、利益確定ポイントを決めてあればその分利益が大きくなります。

あとは、エントリ―をしたら、「指値と逆指値を設定して決済されるまでチャートを見ない」というやり方も有効です。

 

早く決済してしまうこともなくなりますし、トレード中にハラハラすることもないです。

トレード中もチャートを見なくていいので、時間の節約にもなります。

 

精神に負担をかけずにリスクリワードを考えたトレードをするためには、とてもいいやり方と言えるので、お薦めです。

FXで勝つまでの道のりの最新記事8件