エントリーポイントについて

こんにちは。

長岡です。

 

ここでは基本となるエントリーポイントについて書いていきます。

これを見ておくだけでも勝率は上がるはずですし、プラス収支に変わる人もいると思います。

 

 

 

基本的に買いを狙う場合は、売っていたトレーダーが含み損となり、建値決済するポイントでエントリーします。

こういったポイントでは、決済の買いが入るので、含み損にならずに伸びていきます。

上の画像では、オレンジの短いラインで戻り売りが入っているので、オレンジのラインを上に抜けて戻ってきたところで買いエントリーします。

 

こちらは売りエントリーの例。

上昇が失敗した後の、押し目からの売りエントリーです。

その後はすんなり下落しています。

 

 

上の画像の緑のラインのように強いラインでは、急落で一旦抜けたとしても、サポートされて戻る可能性があります。

 

なので、下抜けした後に戻ったところを、緑のラインでレジスタンスされることを期待しての売りエントリーしてはいけないです。

小さく下に反転する可能性はありますが、その後、結局ラインの上に戻ってくる確率が高いです。

その際、騙し後の買いエントリーとなり、上に伸びる確率が高いです。

 

 

上の画像のようにもみ合いの壁を背にしてエントリーすると、逆行しにくいです。

黄色のラインのようにもみ合いのポイントと重なっていると、さらにレジスタンスされる確率が上がります。

 

 

上の画像ではラインを下抜け後、青のラインでレジスタンスされてから、白丸のポイントで売りエントリーしています。

こういったレジスタンス後の売りエントリーの場合、ラインがしっかりとレジスタンスされるか、それが信頼出来るものなのかで勝率が変わってきます。

しっかりと効いているラインの場合、レジスタンスされ、逆行せずにすんなり落ちていきます。

 

見ていただくのは、抜ける前の水色の丸印のポイントと紫の丸印のポイントです。

水色の丸印のポイントでは、しっかりと何度もサポートされていますし、紫の丸印のポイントでは一旦サポートされて反転しています。

こういったロウソク足の動きをしっかりと見ていると、ラインが効いているかわかります。

 

 

上の画像のオレンジの短いラインのような下落の起点を一旦抜けているポイントでは、戻ってきてから再上昇して再度抜けていく確率が高いです。

逆にこういうポイントで止められている場合は、レジスタンスされたと考えるべきなので、そのまま落ちていく確率が高くなり、落ちてきたところを買いエントリーはするべきではないです。

 

 

こちらも同じようなパターンです。

黄色の戻り売りポイントを一旦抜けているので、その後落ちてきたところを買えば再度上昇して抜けていきます。

これが黄色のラインで止められているようだと、再上昇して抜けるのを期待してのエントリーはしない方がいいです。