分かりやすい相場を狙えば高勝率で勝てます +42.3pips

こんにちは。

長岡です。

 

トレード解説をしていきますね。

 

 

EURJPY ショート 180万通貨

+42.3pips (+761,400円)

 

 

こちらはEURJPYの1時間足です。

単純なのですが、狙うポイントは色の枠でレジスタンスされた後、下落していくところです。

 

左から相場を見ていくと、下落してきたロウソク足が水色のラインでサポートされ、もみ合った後、下ひげをつけて再度上昇。水色丸のポイントです。

このもみ合いで何とか抜けようとしていますが、ひげのみで押し戻され、今回は買いの勝ち。

その後上昇が始まります。

 

その後、上昇は継続せず、もう1度下落してくると、ラインを下に抜けてしまいました。

ここで一旦抜ける前に反転していることで、まだ買い勢力がいる、ラインは効いているとわかります。紫丸のポイント。

ここを抜けた後は転換し、しっかりとレジスタンスされます。

 

オレンジの下落でラインを抜けています。

この下落で水色ラインにいた買い勢力たちは含み損を抱えます。

なので再度上昇してきたときに、ここで建値決済の売りが入り、再下落します。

つまりレジサポ転換です。緑枠のポイント。

今回のエントリーはレジスタンスされた後の下落していくところを、短期で狙っています。

 

 

こちらは15分足です。

水色のラインを下に抜けた後のチャート。

短期足で売るタイミングを計ります。

 

左の安値から上昇してきて、小さい波を作りながら水色のラインに到達。

ここから逆張りで売ってもいいのですが、ピンクのような上昇を可能性として想定しておかなければならないので、あくまでも短期間で値幅を取るエントリーです。

 

ピンクのような上昇を作る段階として可能性が高いのが、黄色のラインからの再上昇。

ここで止められて再上昇していく可能性が高いので、水色のラインから売っていたとしても、ここで一旦決済しておいた方がいいです。

この黄色のラインを抜けると安心して売っていけます。

 

黄色のラインで押し目をつけてピンクの上昇の可能性を想定する。

これができることで、「黄色のラインを抜けるまでは売らない」か、「水色ラインから売っていたとしても黄色のライン手前で利確する」という選択が出来ます。

 

 

今回は黄色のラインを抜ける際にもみ合いが発生。オレンジ枠のポイント。

黄色のラインを下に抜けた後、そのもみ合いが壁になり、エントリー後に逆行しにくくなります。

白丸のポイントがエントリーポイント。

 

ただし、オレンジ枠のもみ合いのようにならず、何の反発もせずに1回で黄色のラインを抜けてしまうと、抜けてから黄色のラインを背にして売るというのは考え直したほうがいいです。

そういう場合は黄色ラインからは売らず、下落の半値まで戻すのを想定し、売りエントリーを待った方がいいです。

 

今回の相場は動きが分かりやすく、上に行くような要素も特になかったので、単純に売り狙いをしていれば勝てますし、黄色のラインを抜けてからエントリーしていれば、ほとんど含み損なしで勝てます。

 

このように分かりやすい相場、分かりやすいポイントだけを狙って行けば、比較的簡単にFXでトータルで勝てます。

経験が長くない人でも、そういうポイントだけを狙えば、勝つことは難しくないです。

あとは自信を持ってトレード出来るか、そう出来るように普段からチャートの動きを見てきているか、ですね。