トレーダーの負けを利用するトレード +26.0pips

こんにちは。

長岡です。

 

今日もトレード解説をしていきますね。

 

 

 

 

GBPCHF ロング 160万通貨

+26.0pips (+465,384円)

 

 

こちらはGBPCHF1時間足。

黄色のラインはかなり強いラインです。

 

急落で緑のライン、黄色のラインを一気に抜けていますが、この後黄色のラインが転換したと期待してのラインからの売りはしない方がいいです。

強いラインを一気に抜けた場合、ダマシで戻される可能性がけっこうあります。

 

ではダマシが発生した場合どうなるのかというと、今回の場合、黄色ライン下抜けで下落についていこうとするトレーダーが発生し、ラインより上に戻されると、そういったトレーダーたちが含み損を抱えます。

そのトレーダーたちの損切りの買い注文によってさらに上昇していく可能性が高いので、僕たちが黄色丸のポイントで買いエントリーすれば流れに乗って勝てます。

これが優位性です。

今回の場合、黄色のラインから売ると戻りが浅いということもあり、ダマシで戻ってきたときの買いのみを考え、売りは一切考えない方がいいです。

 

下が短期足。

 

15分足です。

先程の画像にもある黄色ラインの下抜け。

ここから下について行こうとしたトレーダーたちの動きが、紫丸のポイントです。

こういう動きが現れていると、黄色ラインの上に戻ってから、黄色丸のポイントで買ったときに上に伸びる確率、勝てる確率が高くなります。

黄色丸のポイントは紫丸のポイントで売っていったトレーダーたちの損切りを利用した買いです。

すぐに伸びていくので、すんなり勝てます。

 

その後、水色ラインからだらだらと下落が発生しているのですが、これは黄色の下落に対する戻り売り。

(オレンジの下落)

ここで売っているトレーダーたちはこのまま下落していくのを期待して売っているわけなのですが、これを含み損にさせたのが、水色の急上昇です。

この時点で、その後水色のラインまで戻ってきてから、再上昇するだろうと想定。

 

 

赤丸のポイントは売り勢力の存在を表す反転。

ラインを抜ける直前にこれが発生すると、ラインが効いていることがわかります。

このことによってサポートされる確率が高くなり、ラインでサポートされる理由となり、エントリ―する根拠の一つとなります。

今回は水色のラインでサポートされた後、白丸のポイントで買いエントリーです。

水色のラインでサポート、ラインでサポートされた後は上昇。これは売りで入っていたトレーダーの建値決済を利用しています。

白丸のポイントでエントリー後、この勢いで高値を超えて上昇していく可能性もあると考えていたのですが、高値で止まってしまったので決済。

とりあえずラインさえしっかりと引いていれば、けっこう普通に勝てます。