トレーダーの負けを利用するトレード

こんにちは。

長岡です。

 

 

FXでは自分がわかる相場で利益を取ればいいので、

簡単に言うとそのパターンが自分の頭の中にあるのかないのかで

そのときの相場から利益を取れるかどうか変わってきます。

 

 

今回はわかりやすいパターンなので、

同じように思えた方はぜひ覚えておけばいいと思います。

 

 

ではトレード解説をしていきますね。

 

こちらはGBPCHF1時間足。

 

 

紫枠のポイントを見るとわかるのですが、

黄色のラインは1時間足レベルで

何度もレジスタンス、サポートされている強いラインです。

 

 

まずこの1時間足チャートを見て、

最初に引くべきなのがこの黄色のラインですね。

 

 

何度もレジスタンスされて抑えられているこういったラインは、

上に抜けると強いサポートラインになります。

 

 

一番右の紫枠ではレジサポ転換し、

しっかりとサポートされることが予測できるので、

オレンジの丸印のようなポイントで買っていけば、

高い確率で利益を取れます。

 

 

 

次に最高値をつけた後の急落を見てください。

 

この急落で緑のライン、黄色のラインを一気に抜けていますが、

経験の浅い方がやりがちな黄色のライン抜けの売りエントリーや

黄色のラインが転換したと期待しての、

黄色ラインからの売りエントリーはしない方がいいです。

 

 

こういった強いラインを急落などで一気に抜けた場合、

V字で戻される可能性がけっこうあります。

 

要するに騙しです。

結局サポートされてしまっているんですよね。

 

 

では騙しが発生した場合どうなるのかというと、

今回の場合、黄色ライン下抜けで下落についていこうとするトレーダーが発生し、

売りエントリーをしてしまうトレーダーが多くいます。

 

 

その後ラインより上に戻されると、

そういったトレーダーたちが含み損を抱えます。

 

 

売っていたトレーダーたちの

損切りの買い注文によってさらに上昇していく可能性が高いので、

黄色丸のポイントで買いエントリーすれば流れに乗って利益を取れます。

 

 

今回の場合、

騙しでラインより上に戻ってきたときの買いのみを考え、

黄色のラインからの戻り売りは一切考えない方がいいです。

 

 

下が短期足。

 

 

15分足です。

先程の画像にもある高値からの急落が黄色の矢印の下落です。

で、ここから下について行こうとしたトレーダーたちの動きが、

紫丸のポイントです。

 

 

こういうふうにトレーダーたちが売ったとわかるような動きが現れていると、

黄色ラインの上に戻ったときに上に伸びていく確率が高くなります。

 

実際にどこで買いエントリーするかというと、黄色丸のポイントです。

 

 

完全に騙しが発生したポイントなので、

この黄色丸のポイントでエントリーすれば、一気に利益が伸びます。

紫丸のポイントで売っていったトレーダーたちの損切りを利用した買いです。

 

すぐに伸びていくので、すんなり利益を取れます。

 

 

その後、水色ラインからだらだらと下落が発生しているのですが、

これは黄色の下落に対する戻り売り。

(オレンジの下落)

 

 

ここから下落していくと考えて売ったトレーダーを

含み損にさせたのが水色の急上昇です。

 

この時点で、その後水色のラインまで戻ってきてから

再上昇するだろうと予測しています。

 

 

 

赤丸のポイントは売り勢力の存在がわかる反転です。

 

先程の紫丸のポイントと同じような考え方ですが、

ラインを抜ける直前にこの反転が発生すると、

このレジスタンスラインが効いていることがわかります。

 

 

このことによって上に抜けたときにサポートされる確率が高くなり、

エントリ―する根拠の一つとなります。

つまりレジサポ転換です。

 

 

今回は水色のラインで2度サポートされた後、

上昇を開始したので白丸のポイントで買いエントリーしています。

 

 

白丸のポイントでエントリー後、

この勢いで高値を超えて上昇していく可能性もあると考えていたのですが、

高値で止まって勢いがなくなってしまったので決済しました。

 

 

とりあえず強いラインさえしっかりと引いていれば、

それなりに優位性のあるトレードができますね。

 

 

 

 

GBPCHF ロング 160万通貨

+26.0pips (+465,384円)

 

 

話は戻りますが、

紫丸のようなポイントで下がる動きがあると、

初心者の方や経験の浅い方には、

一見短期の下降トレンドが続くように見えてしまいます。

 

 

経験の浅い方はそれに付いて行こうとして売りエントリーをしがちですが、

こういったトレンドが続く確率は低いので辞めた方がいいです。

 

 

短期のトレンド継続を狙うのは、

長期足でも同じ方向にトレンド形成していく場合にした方がいいです。

 

 

トレードで稼ぐ場合、

かなりの勝率で勝てると判断したところだけエントリーする。

 

 

経験の浅い方でもそういったスタンスで取り組めば、

収支をプラスにすることは難しくないです。

 

まずはエントリーポイントを絞ることによって勝率を上げ、

利益を上げるといいですね。

 

Author: 長岡