切り上げライン、切り下げライン抜けのエントリーについて

こんにちは。

長岡です。

 

今日はエントリー手法としてよくある、切り上げライン、切り下げラインについてお話ししていきますね。

切り下げラインを引いて、それを抜けたら買いエントリーという手法はよく耳にすると思います。

 

下の画像を見てください。

 

 

切り下げライン抜けエントリーというのは、こんな感じですよね。

画像では赤のライン抜けでピンクの丸印のポイントから買いエントリーです。

 

これの考え方というのは、要するにトレンドライン抜け。

下降トレンド終了後に買っていこうというものです。

 

しかし、単純に切り上げライン抜け、切り下げライン抜けを狙い続けても、おそらくトータルで負けます。

 

よくエントリーのやり方として言われているこの切り上げライン抜け、切り下げライン抜けでエントリーというやり方は、それだけだとエントリーの根拠として弱いです。

 

ではどうすればいいのかというと、エントリーの根拠を増やします。

 

切り上げライン抜け、切り下げライン抜けを狙う場合は、それ以外の根拠がある場合のみエントリーします。

 

信頼できるサポートラインでしっかりとサポートされてから、上に上がる合図が出たら買うなど、です。

売りの場合は逆です。

 

必須と言っていいのが、しっかりとサポート、レジスタンスされていること。

買いの場合はしっかりとサポートされてから。

売りの場合はレジスタンスされてから狙います。

 

買いの場合、サポートされて下に行けないとわかってから、切り下げラインを上抜けでエントリーです。

下が強いラインでしっかりとサポートされているだけで、切り下げライン抜けエントリーの勝率も上がりますし、リスクも低くなります。

 

しかし切り下げラインというのは、リアルタイムで見ると引くのが結構難しいです。

 

 

こちらのチャートでは、しっかりとサポートされた後の切り下げライン抜けを狙っているのですが、赤の切り下げライン抜けでエントリーをしても、結果は勝てていますが、途中含み損を抱えることになっています。

 

赤のような切り下げラインは引かないです」と言う方もいるかもしれませんが、そう言いながらもリアルタイムでは結構引いてしまって、エントリー後に逆行して含み損を抱える方もいるんですよね。

 

それはなぜかというと、切り下げライン抜けのエントリーで勝つためには、この作業を常にリアルタイムでやっていかなければならないからです。

リアルタイムでは、赤のラインも正解に見えてしまいます。

 

 

こちらのチャートでは、黄色の切り下げライン抜けではすんなりと上昇していますが、青の切り下げライン抜けでは含み損を抱えてしまっています。

 

「こんな青の切り下げラインは引かないです」と言えるのは、後からこのチャートを見ているからです。

 

実際のトレード前の段階で切り上げライン抜け、切り下げライン抜けを検証していると、勝てるように見えてしまう場合があります。

 

検証では切り上げライン抜け、切り下げライン抜けで勝てていたのに、実際には負けてしまう。

それはなぜかというと、出来上がっているチャートで検証しているからです。

 

 

上のような出来上がったチャートに切り下げラインを引くとすると、ぱっと黄色線のような切り下げラインが引けるので、白の矢印からエントリーすれば勝てる。というふうに見えてしまいがちです。

 

しかし、実際にリアルタイムでチャートを見ていると、水色線のようなラインを引いてしまったりするんですよね。

 

そうすると、赤の矢印からエントリーすることになり、リアルタイムでエントリーすると含み損を抱えます。

というかリアルタイムではビビって損切りする可能性もあるので、含み損を抱えるどころか下手すると負けます。

 

では結局どうすれば勝ちやすいのかということですが、下の画像を見てください。

 


 

こちらのチャートの白丸のポイントでエントリーしていれば含み損なしですんなりと上昇していますよね。

 

これは切り下げライン抜けのエントリーではなく、緑の売り勢力のレートを抜けた後に買っているポイントです。

切り下げラインを使うより、こういったレート抜けを狙った方が勝率は高いですし、すんなりと伸びていきます。

 

とくに初心者の方は切り下げラインの引き方を間違えることが多いので、エントリーをミスする可能性が高いです。

 

なので、水平ラインのみを使い、買いであれば下落の波が終了してから売りのレート抜け、売りであれば上昇の波が終了してから買いのレート抜けでエントリーをする方がお薦めです。

 

 

勝ち方の最新記事8件