切り上げライン、切り下げライン抜けのエントリーについて

こんにちは。

長岡です。

 

今日はエントリー手法としてよくある、

切り上げライン、切り下げラインについてお話ししていきますね。

 

下の画像を見てください。

 

 

画像では赤の切り下げライン抜けで、

ピンクの丸印のポイントから買いエントリーです。

切り下げライン抜けエントリーというのはこんな感じでOKです。

 

この考え方というのは、要するにトレンドライン抜け。

下降トレンド終了後に買っていこうということです。

 

このエントリーの仕方が有効なのかそうでないのかというともちろん有効なのですが、

ただ単に切り上げライン抜け、切り下げライン抜けを狙い続けても、

トータルで負けます。

 

切り上げライン抜け、切り下げライン抜けでエントリーというやり方は、

それだけだとエントリーの根拠として弱いんですよね。

 

押し目買いや戻り売りの際にこういった切り下げライン抜けを使うのですが、

この手法の役割としては、エントリータイミングを取るだけなので、

そもそもエントリーの方向へ優位性がある場合でないと、

この手法を使っても意味がないです。

 

 

1番重要なのは、

信頼できるサポートラインでサポートされて下へ行けないと分かった上で、

切り下げライン抜けで買っていくことです。

(売りの場合はレジスタンスされてから切り上げライン抜けを狙います)

 

下が強いラインでサポートされているだけで勝率は上がります。

 

別のパターンとしては、上にある抵抗帯を抜けたら、

相場の勢いに乗って切り下げライン抜けで買っていく場合もあります。

 

しかし切り下げラインというのは、

リアルタイムで見ると引くのが結構難しいんですよね。

 

 

こちらのチャートでは、

サポートされた後の切り下げライン抜けを狙っているのですが、

青の切り下げライン抜けでエントリーをしても、

結果は勝てていますが、途中含み損を抱えています。

 

後から見たチャートを見ると、

黄色の切り下げライン抜けで買っていけばいいとわかりますが、

実際には青の切り下げライン抜けでエントリーしてしまい、

逆行して含み損を抱える方もいますよね。

 

それは何故かというと、相場から利益を得るためには、

この作業を常にリアルタイムでやっていかなければならないからです。

リアルタイムでは青のラインも正解に見えてしまうんですよね。

 

チャートで切り上げライン抜け、切り下げライン抜けを検証していると、

勝てるように見えてしまう場合があり、

検証では勝てていたのに、実際には含み損を抱えて負けるということも起こります。

 

それは出来上がっているチャートで検証しているからです。

 

 

上のような出来上がったチャートに切り下げラインを引くとすると、

すぐに黄色線のような切り下げラインが引けるので、

白の矢印からエントリーすれば勝てる、というふうに見えてしまいがちです。

 

しかし、実際にリアルタイムでチャートを見ていると、

水色線のような切り下げラインを引いてしまい、

赤の矢印からエントリーすることになり、含み損を抱えます。

 

リアルタイムでは含み損に対して不安になり、

損切りする可能性もあるので、含み損を抱えるどころか下手すると負けます。

 

では結局どうすれば勝ちやすいのかということですが、

下の画像を見てください。

 

 

こちらのチャートの白丸のポイントでエントリーしていれば、

含み損なしで利益を取れています。

これは切り下げライン抜けのエントリーではなく、

緑の売りレートを抜けた後に買っています。

 

切り下げラインを使うより、

こういったレート抜けを狙った方が勝率は高いです。

 

特に初心者の方は切り下げラインの引き方を間違えることや、

含み損を抱えてすぐに切ってしまう場合も多いので、

水平ラインのみを使い、買いであれば下落の波が終了してから売りのレート抜け、

売りであれば上昇の波が終了してから買いのレート抜け

エントリーをするのがお勧めです。

 

切り下げライン抜けでエントリーを狙えないのかというとそうではなく、

長期足で上に優位性がある場合、下がサポートされている場合など、

単純にエントリータイミングを取るために使うのであれば普通に使える手法なので、

結局のところ、相場の優位性を判断することが重要ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました