ラインとロウソク足によるテクニカルチャート分析とエントリ―で勝つ! 初心者からでもFXで勝てる手法を公開するブログ

分かりやすい相場を狙えばFXで勝てます

こんにちは。

長岡です。

 

トレード解説をしていきますね。

 

EURJPY ショート 180万通貨

+42.3pips (+761,400円)

 

 

こちらはEURJPYの1時間足です。

 

正直、狙うポイントとしては単純なのですが、

どこを狙うのかというと、

黄色の枠でレジスタンスされた後、

落ちていくところです。

 

 

左から相場を見ていくと、

下落してきたロウソク足が水色のラインでサポートされ、

もみ合った後、下ひげをつけて再度上昇。

 

 

その後、もう1度下落してきたロウソク足はラインで反転し、

一旦上昇してからラインを下に抜けてしまいました。

 

 

ラインでしっかりとサポートされ、

何度も下に抜けようとしてもなかなか下に抜けなかった。

 

このことによって、抜けた後は転換し、

しっかりとレジスタンスされると言えます。

 

 

こちらは15分足です。

 

 

先程の黄色の枠でレジスタンスされた後、

短期足で売るタイミングを計ります。

 

 

左の安値から上昇してきて、

小さい波を作りながら水色のラインに到達。

 

そこでしっかりとレジスタンスされて下落しましたが、

白のラインから再上昇。

 

しかし、また黄色の枠で上昇が止まってしまい、

ピンクのような上昇にはならず再下落して、

今度は白のライン辺りでもみ合いの末、

下に抜けました。

 

で、戻ってきたところを売りエントリーです。

 

 

短期足では、まず「白のラインを抜けてから売りを狙う」

ということを、エントリー前に理解しているのか?

が重要です。

 

安値から上昇してきて、

最初に水色のラインでレジスタンスされて下落。

 

この時点で、落ちていったときに

白のラインで一旦サポートされる可能性があることは

わかっているんですよね。

 

つまりどういうことかというと、

「白のラインを抜けるまでは売らない」か、

「売っていたとしても白のライン手前で利確する」

という選択が出来ます。

 

ただし、何の反発もせず、1回で白のラインを抜けてしまうと、

抜けてから白のラインを背にして売るというのは

考え直したほうがいいです。

 

 

この相場では、一旦反発して上昇し、

再度下落してきてから、

緑の枠のところでもみ合っているという

動きがあるからこそ、

抜けてから白のラインを背にして売っています。

 

このもみ合いが壁となり、

白のラインがレジスタンスラインになると

考えられるからです。

 

1回で抜けてしまうようなラインは信用できないので、

それを背にしては売れないです。

 

今回の相場は動きが分かりやすく、

上に行くような要素も特になかったので、

単純に売り狙いをしていれば勝てますし、

(エントリータイミングを間違えると負けますが)

白のラインを抜けてからエントリーしていれば、

ほとんど含み損なしで勝てます。

 

 

このように分かりやすい相場、

分かりやすいポイントだけを狙って行けば、

正直、FXでトータルで勝てます。

 

経験が長くない人でも、

そういうポイントだけを狙えば、

勝つことは難しくないです。

 

 

あとは自信を持ってトレード出来るか、

そう出来るように、

普段からチャートの動きを見てきているか、ですね。

 

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

トレード解説の最新記事8件