短期トレード解説 +32.5pips 

こんにちは。

長岡です。

 

今回は短期足のみの解説です。

 

FXで利益を出すには、長期の環境に頼ることが重要なのですが、

リスクの少ないトレードをするには、

短期足のエントリーポイントも重要になってきます。

 

簡単な考え方を解説しているだけですが、

エントリーをする際に考慮するポイントの1つでもあるので、

知りたい方は読んでみてください。

 

ではトレード解説をしていきますね。

こちらはCADJPYの15分足です。

 

 

レンジから急上昇して一旦黄色のレジスタンスラインを上に抜けた後、

 緑の下落が発生して再度黄色ラインの下に潜ってきています。

 

その後発生したピンクのラインからの戻り売りは継続せず、

下落はストップしました。

 

その後、だらだらとしばらくの間停滞していますが、

徐々に安値を切り上げ、買い圧力が増してくると、

急上昇して黄色のラインを一気に抜けました。

 

ピンクのラインを越えたところですぐにエントリ―しても利益を取れていますが、

黄色のラインでレジスタンスされる可能性があるので、

勝率を上げるためには黄色のラインを上に抜けてから買った方がいいですね。

 

 

黄色矢印の上昇が発生し、短いオレンジラインを抜けた後のことです。

 

オレンジのラインは水色の急下落の起点に引いてあるのですが、

ここでレジスタンスされるとそのまま落ちていく可能性がありますし、

抜ける前にエントリーしていたとしても、ここで止められる可能性があります。

 

こういったレートを一旦抜けていることで、

落ちてきたところを買うと、

再上昇してもう1度抜けていく確率が高くなります。

 

黄色の上昇が水色の下落の起点を抜けたこと。

この上昇によって、

緑の下落からの下降トレンド形成はもうないだろうという予測が出来ること。

 

そういった理由から上昇していく確率が高いと判断でき、

落ちてきたところを買えば利益を取れると判断できます。

 

黄色のラインまで落ちて来たところを買いエントリ―です。

 

黄色の上昇が発生する直前にもみ合いが発生し、

黄色のラインでレジスタンスされて一旦小さく反転下落していますが、

こういった反転によってラインが機能しているということを確認出来ます。

 

なのでレジスタンスされた黄色のラインを抜ければ、

今度は転換してサポートされる確率が高くなります。

 

売っているトレーダーたちが含み損を抱えているところを狙っているので、

トレーダーたちは建値決済の買い注文を入れ、エントリ―後は上に伸びていきます。

 

緑の下落の起点のレートである、

白のチェックマークのポイントで決済です。

 

 

CADJPY ロング

エントリー 82.826

決済 83.151

+32.5pips

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました