目線の固定することの重要性について

こんにちは。

長岡です。


今日は目線を固定することの重要性についてお話ししていきたいと思います。

 

目線を固定するというのは、もちろん買いか売りかの目線ということなるのですが、まず、なぜ目線を固定する必要があるのかをお話しします。

これは当然勝率を上げるためなのですが、もう少し厳密に言うと、無駄な負けトレードを減らすためです。

 

何度かお話ししていますが、無駄な負けトレードを減らすことが一番の勝率を上げる近道です。

 

では目線を固定すると具体的にどうなるのか?

まず、最初から説明していくと、逆の方向にエントリーパターンが出てもエントリーはしません。

 

買い目線で見ているときに短期で売りのエントリ―パターンが出る、などということは相場では頻発します。

 

エントリーパターンはどこで発生するかが重要になるということを別の記事でお話ししましたが、エントリ―が目線と逆の方向だと、流れに沿っていないと判断し、その場合は見送るということが出来ます。

なので、勝率が低いエントリーを避けることが出来ます。

 

このエントリ―を見送るということについてですが、これは全然悪手ではなく、むしろ好手です。

なぜならお金が減らないので。

 

流れに沿っていないとき、勝率が低いと思ったとき、迷ったとき。

こういうときはエントリ―を見送っておけば、とりあえずお金は減りません。

 

まあ増えもしませんが、確実にお金を増やすためにFXをやっているので、むしろ最初のうちは、確実に勝てるところだけエントリ―する、という程度でもいいくらいです。

そして、このことによって一番避けたいことを避けることが出来ます。

そう、往復ビンタですね。

これはかなり精神的にやられてしまいます。

 

まあ、正直、往復ビンタをやられるようだと問題外だと言ってもいいくらいなんですが、まずはこういうことから直すことも大切なので、ここで書いていきたいと思います。

 

例えば、損切りは誰でも、どんな常勝トレーダーでもします。

相場が100%こう動くという確実性がなく、100%勝てる手法はないからです。

 

ただ、その損切りが必要経費であり、単にトータルで勝っているのが常勝トレーダーである、というだけです。

 

しかし、常勝トレーダーは往復ビンタをやられることはほぼありません。

(最低でも、僕の周りでは見たことはありません)

 

常勝トレーダーがする損切りは、目線を固定し、しっかりと勝てるポイントでエントリーした結果負けてしまう、仕方のない、言わば必要経費です。

 

先程言った通り、確率の高い方にエントリーしたとしても100%勝てるわけではないので、勝てるポイントでエントリ―した結果負けてしまうということは当然ながらあるんですよね。

 

で、常勝トレーダーはこれを必要経費であると認識しているため、損切りとなっても落ち込んだり、精神的にやられるといったことはないです。

損切りとなっても切り替えて次のトレードに行きます。

というか、そもそも切り替える必要がないくらい当たり前のことです。

 

では往復ビンタはどうなのかというと、これは環境に沿ってない、目線を固定していない、短期足の動きに振り回されている、感情的になっている、という場合に起こります。

感情的になってのこの往復損失は問題外ですが、目線を固定せずに振り回された負けトレードというのも無駄な損失と言えます。

 

もちろんこれは常勝トレーダーではなく、始めたばかりの人に多いです。

 

常勝トレーダーは、負けてもそれを損切りトレード、必要経費として割り切り、そのトレードに固執することはないです。

で、この往復ビンタの損失は正直言って、無駄な損失です。

 

では目線を固定するというのはどういうことなのか?

つまり長期の流れに沿うということです。

 

トレンドの方向に沿ってエントリ―する、サポートされてからの買いを狙う、レジスタンスされてからの売りを狙う、ということです。

 

なんだ、そんな単純なことか、そんなことは分かっている、と思いましたか?

 

そう、言葉にすると単純なことです。

しかしシンプルであるがゆえに、それが真理であったりもします。

 

で、分かっていることと出来ていることは違う、ということも言えます。

 

まあ結局のところチャート検証などが必要になってくるので、ここですぐに出来るようにしてくださいと言っても無理なので言いません。

しかし、まずはこの目線を固定することを頭に置いて、無駄な負けトレードでの損失を無くしたほうがいいです。

 

ちなみに、目線を固定していないこと以外の理由でも無駄な負けトレードをしている方は多いですが、無駄な負けトレードを減らすということは最優先事項だと言ってもいいです。

 

 

トータルで勝つためにの最新記事8件