相場から利益を取り続けるために重要な決済

こんにちは。

長岡です。

 

 

FXで利益を出すためには、

トレード技術以外にも、精神面や資金管理などが必要となってきます。

 

トレード技術についてはエントリーのみを重要視している人も多く、

「エントリーさえよければ含み益になるので、決済は適当でいいだろう」、

などと考えている方がたまにいますが、

決済もエントリ―と同じかそれ以上に重要なんですよね。

 

いくらエントリ―が良く、勝率が良くても、

決済の仕方によってはかなり収支が変わってきますし、

場合によってはトータルで利益を出せなくなってしまいます。

 

決済をしっかり出来ていないと、

トータルの利益が本来出せていたはずの利益の半分以下になってしまう、

などということになる可能性もありますし、

それどころかマイナスになってしまう場合もあります。

 

 

そういった事態に陥る理由はプロスペクト理論によるところが大きいです。

ある程度勉強をされている方であれば、

この理論のことは知っていると思います。

 

下の説明が、プロスペクト理論の元となった実験です。

 

 

つまりどういうことかと言うと、

含み益は早く確定したいが、

含み損は確定したくないので、一か八か±0になるのを待つ。

人間の行動がこうなることが実証されている、ということです。

これがトータルで利益を出すためにかなり障害となる行動なんですよね。

 

中には、損切りはしっかりとやっているという方もいますが、

損切りはあらかじめ決めておいた損切りポイントに来たら切ればいいだけなので、

簡単なんです。

損切りが出来なければ問題外と言ってもいいです。

難しいのは利益確定の方なんですよね。

 

利益は伸ばせるだけ伸ばした方がいいと口で言うのは簡単なのですが、

実際にどこまで伸びるかはわかりませんし、

利益を伸ばそうとすれば必然的に勝率は落ちるので、

決済するタイミングの判断が難しくなってくるんです。

 

結果どうなるのかというと、

含み益が減るのが嫌だとか、

保有し続けると利益が0になったり挙句には含み損になるかもしれない、

という不安要素の強い心理になり、

少し含み益が出ただけで利益確定してしまうんです。

 

僕もトレードを始めた最初の頃に経験したことがあるのですが、

初心者の方はこういった行動パターンになることが多く、

このことが月間で利益を出せない理由となっている場合が多いです。

 

利益確定を早くしてしまうと、

リスクに対してリワードが少なくなってしまいます。

よほど勝率が良ければそれでもトータルで利益を出せますが、

100%勝てる手法はないので、

収支をプラスにするためにも利益はある程度は伸ばす必要があります。

 

そして、理論的にトータルで利益を出せる、

という前提条件の元でトレードしなければなりません。

 

 

 

利益を伸ばせないという人への解決策としては、

エントリ―する際には、

損切りポイントと利益確定ポイントをあらかじめ決めてからエントリ―すること。

損切りポイントと利益確定ポイントを比較し、

リスクリワードが1以上になるポイントだけエントリーすること。

これが出来れば、あとは勝率を上げるだけでOKです。

勝率が5割超えていれば利益を出せます。

 

損切りと利益確定のポイントを決めておくのは基本的なことなのですが、

未だにそういったポイントを決めずにエントリ―する人も多いです。

 

しっかりと決済ポイントを決めた上でエントリ―し、

決済ポイントを決めていない場合や、

決めたとしてもリスクリワードが割に合わないポイントでは、

エントリーを見送るべきなんですよね。

 

そうすると機会損失になると考えた方は、

一度考え方を変えたほうがいいかもしれません。

利益トレードを増やすことよりも、

損失トレードを減らすことを考えたほうが、

トータル収支がプラスになるのが早いからです。

 

相場の動きに100%はなく、

どんなに優秀なトレーダーでも負けるときはあるので、

相場から利益を出すためには、

常に勝率や損失トレードを意識してトレードをすることになり、

勝率とリスクリワードによって収支が決まります。

 

エントリーはもちろん大切ですが、

利益を出し続けるためには決済も重要であることを理解し、

今回お話ししたことを参考にして、

しっかりと決済を出来るようにして頂ければいいかなと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました