何もしないことのリスク

こんにちは。

長岡です。

 

 

僕の友人から聞いた話なのですが、その人の知り合いにAさんという方がいます。

 

Aさんは誰でも知っている一流企業の社員で、さらに若くして役職についた方です。

 

彼は結婚し、子供が3人。

マイホームも建て、幸せなように見えます。

 

 

しかし、彼の仕事ぶりといえば、

毎日夜遅くまで残業し、ひどいときには3週間ほど休みなし。

家に帰ってからも夜中まで何かしら仕事をしているそうです。

 

そこまでしていても、売り上げが下がったらボーナスカットなどという条件があったりするんです。

 

金銭面では、家のローンがあと30年ほどあり、子供たちを3人とも大学まで行かせるには、出世し続け、生活費以外のほとんどを貯金しないといけないらしく、自分はというとお小遣いが3万円だそうです。

 

 

そんな状況なのですが、彼が考えていることは、

一生懸命働いて出世し、会社からより給料を貰うこと、

その給料をなるべく節約して貯金すること、

なんですよね。

 

自分で稼ぐなどということは全く考えていないんです。

 

 

それで何十年先までうまくいく計算らしいのですが、それは、

自分は毎日夜中まで残業し続け、

休日出勤も当たり前にある。

そんな状態を続けなければならず、

 

さらに、今の会社がずっと経営状態が良好で、

世の経済状況なども変わらないことが条件なんですね。

 

何十年もです。

 

会社の経営は傾くかもしれませんし、自分は働けなくなるかもしれません。

途中で仕事が嫌になったり、過労で倒れてしまう可能性もあります。

経済状況は変化し続けます。

 

 

もし僕がこの状況だったら、今後を考えると不安で仕方がないと思います。

 

 

しかし、彼が自分で稼ぐことが出来ればどうでしょうか。

 

まず、数万円稼いだだけで、自分が自由に使えるお小遣いが増えます。

それだけでかなり生活が変わりますよね。

遊びにお金を使ってリフレッシュすることも出来ます。

 

20~30万円程稼げるようになれば、無駄に残業もしなくてよくなりますし、休日出勤もしなくてよくなります。

出世にもとらわれずに済みますし、もっと気楽に仕事をしてもいいですよね。

 

さらに稼ぐと、お金の悩みはなくなりますし、好きなようにお金を使って生活していても、子供たちを大学に行かせるくらいのお金は貯まります。

家のローンなんて余裕ですし、会社が嫌なら辞めても構いません。

 

 

僕が言いたいのは、「自分で稼ぐこと」がこの先必要になってくる、ということです。

 

 

自分で稼ぐためには、誰でも少なからず、何かを投資していると思います。

 

それは、お金だったり、時間だったり、努力だったりします。

 

これは何においても言えることですが、

たとえ投資したとしても、未来に確実に稼げるという保証はないです。

 

それは、リスクを払っていると言えます。

 

しかし会社に頼って、給料に依存してこれからの人生を生きていくほうがリスクがあると思うんですよね。

 

努力してそれが無駄になる、なんてこととは、比べものにならないくらいのどうしようもなくなるリスクです。

 

 

これだけは確実に言えることなのですが、

将来、お金にとらわれず、自由に生きている人っていうのは、

今、お金や時間や努力を投資した人です。

 

僕は会社に依存せずに自分で稼ぐために、老後になっても働き詰めなどという生活を送らなくて済むように、

今、投資出来るものを投資したほうがいいと思います。

 

例えばですが、1つだけ自分で稼げる手段があるとして、それが、

先に50万円かかる、努力が必要と言われたとしても僕はやります。

 

まあFXはそんなにかかりませんが。

 

 

なので、現在勝てていない人も、

自分で稼ごうと努力しているという時点で、

会社に依存するというリスクを回避出来る可能性があるということです。

 

将来安泰の、成功者の可能性があるということです。

 

何も考えずに働いている人、会社に依存している人には、そんな可能性はないですよね。

彼らは自分で稼ぐという発想すら頭にないので。

 

 

まだ勝てていない人は不安に思うこともあるかもしれませんが、大丈夫です。

 

やっていることは間違ってはいないので、

コツコツと努力を継続し、力をつけていきましょう。

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author: 長岡