短期トレード解説

こんにちは。

長岡です。

 

今日もトレード解説をしていきますね。

 

 

 

 

CADJPY ロング 160万通貨

+32.5pips (+520,000円)

 

 

こちらはCADJPYの15分足です。

 

緑の下落は、上昇して黄色のラインを上に抜けた後、全戻しになるように発生しています。

 

ここから下落の流れになっていくところなのですが、

そこからの売りは継続せず、下落はストップしています。

 

ここで見て頂きたいのですが、ピンクの短いラインからの戻り売りが失敗しているのが分かります。

 

この戻り売り失敗後すぐや、ピンクのラインを越えたところですぐにエントリ―でも駄目だということはないのですが、より勝率を上げるためには、今回のエントリ―ポイントまで待って頂きたいんですよね。

 

それは、上に黄色のレジスタンスラインがあるから、という理由もありますが、それだけではなく、見て頂きたいポイントがあります。

 

下落が発生しているピンクの短いラインですが、これは水色の下落からの戻りです。

 

だとすると、これが終了したとしても、緑の下落を警戒しないといけないんですよね。

この緑の下落からの戻り売りが黄色のラインから発生する可能性があるので、まず、黄色のラインを抜けるのを待ちます。

 

しかし、この黄色のラインを抜けてからすぐに買いエントリ―をするわけではないです。

 

つまり、白の上昇が、水色の下落の起点を抜けたこと、この上昇によって緑の下落からの戻り売りはもうないだろうという予測が出来ることで、落ちてきたところを買えば高い勝率で勝てると判断して、黄色のラインまで来たところをエントリ―です。

 

もう一つ、白の上昇が発生する前に、黄色のラインで一旦レジスタンスされて落ちているのがわかると思います。

 

この反転下落が先程言った戻り売り失敗と見ていいのですが、

この反転によって黄色のラインがしっかりと効いているということを確認することも出来ます。

 

なので、この一旦レジスタンスされた黄色のラインを抜ければ、

今度は転換してサポートされます。

 

黄色のラインから下には落ちていきませんし、売っているトレーダーたちが負けているところを狙っているので、エントリ―後はすんなり伸びていきます。

 

 

決済は緑の下落の起点である高値です。

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author: 長岡