反対勢力に気を付けてエントリ―する +52.5pips

こんにちは。

長岡です。

 

僕はトレードする際、通貨ペアには特に拘らないです。

 

通貨ペアは基本的にはどれも同じだと思っているので、

利益を取りやすい相場を選んでいます。

簡単に利益を取れるに越したことはないので、

自分がやりやすい相場を選んでトレードすればいいと思います。

 

強いて言うなら、

ポンド円、ポンドドルなどは平均的にボラが高いので好きですね。

 

今日もトレードを解説していきますね。

 

こちらはGBPUSD4時間足です。

 

 

4時間足で下落が続いているので、

けっこう長い期間売り勢力が強いです。

 

水色のラインでサポートされ、ピンクの枠でレンジが発生。

 

水色と黄色のラインで買い支えていますが、

結局それも下抜けしました。

 

売り目線でエントリーポイントを待ちます。

 

 

こちらは1時間足。

レンジ後、下抜けした後の下落を狙っていきます。

 

下抜け後のオレンジ枠内のブレイクを、

短期足で切り上げライン抜けなどで売りを狙ってもいいですが、

このブレイクはしばらくすると止まる可能性があるので、

それを理解した上で狙わないといけないですね。

 

 

その後、戻りを付けに上昇。

 

水色ライン、黄色ライン辺りでは、

レンジを買い支えていた支持帯が転換して抵抗帯となっているので、

ここで止められて再下落しました。

 

ピンクの矢印ように下落していくところを短期足で狙います。

 

 

こちらは15分足。

 

安値から戻りとなる水色の上昇が発生し、

それがレジスタンスされ、

再下落していくところを狙います。

 

まずは黄色のラインを下に抜けるのを待ちます。

黄色の反転は紫の短期の上昇の波が継続しようとした動きですが、

それが終了して下落し、黄色ラインを下抜けしました。

 

ここですぐにエントリーではなく、

次に見て頂きたいのが、短く引いた白のラインです。

これは紫の上昇の中で一本だけ出た陰線の安値であり、

紫の上昇トレンドの押し目に引いています。

 

このレートでも反転し、水色の上昇に対する押し目買いが発生して、

オレンジの矢印のような上昇になる可能性があるので、

そうならないことを確認するため、

この反転上昇が終了して白ラインを抜けるのを待ちます。

 

その上昇もすぐに終了して下落し、

白ラインを抜けたので

戻ってきたところを白丸のポイントから売りエントリ―です。

 

長期足のレンジをブレイクして下落した際の、

安値のレートで決済しています。

 

 

GBPUSD ショート

エントリー 1.34445

決済 1.33920

+52.5pips 

 

 

今回の短期足に引いてある白のラインは、

反対勢力である上昇の押し目のレートに引いてあるのですが、

売りを狙う場合、上昇の力に負けて逆行しないように、

こういったレートを抜けるのを待った方がいいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました