カップ&ハンドルを利用したエントリ― +227.0pips (+3,383,190円)

こんにちは。

長岡です。

今日もトレード解説をしていきますね。

 

 

 

 

CHFJPY ロング 170万通貨

+40.8pips (+693,600円)

 

 

こちらは4時間足です。

 

まずこちらのチャートの形状を見て頂きたいのですが、

勉強している人なら、知っている人もたくさんおられるかと思います。

 

カップ&ハンドルですね。

 

これは大衆心理が分かりやすく現われているチャートパターンです。

 

簡単に説明しますと、

まず水色のラインがサポートされて買い支えられているラインです。

 

その後ライン付近でもみ合いが発生し、結局下落してしまいました。

 

このとき、買っていたトレーダーたちは含み損になりますよね。

 

で、そのトレーダーたちは建値に戻ってくるのをひたすら待っているわけなんですが、

その間中ずっと含み損のままポジションを保有しています。

 

その後、水色のラインまで戻ってきて、

ようやく±0になったところを決済するので、

当然決済の売りが入って下落します。

 

画像の黄色の四角の部分です。

 

なので、画像の白の曲線のような動きになるんですよね。

 

この曲線と決済の下落でカップと取っ手のように見えるので、

カップ&ハンドルと言われています。

 

 

この「決済の売りに合わせて黄色の四角から売りを狙う」

というのがこのチャートパターンの基本的な使い方です。

 

しかし、今回はこのレジスタンスラインから売るわけではなく、

このレジスタンスラインを上に抜けてから買いを狙っています。

 

 

 

こちらは15分足。

 

まず、この手法を見てもらえば分かる通り、

このカップ&ハンドルというパターンのエントリ―の仕方は「逆張り」です。

 

今まで上昇してきたのに対し、レジスタンスラインから売りを狙うんですよね。

 

で、この逆張りというのは基本的に利益を伸ばせません。

 

逆張りをしたとしても、少しだけ利益を獲って逃げるというやり方をした方がいいです。

 

例えば、「レジスタンス後に短期足で売りエントリ―」

というやり方も選択肢には入ってくるかと思うのですが、

画像のピンクの丸の部分を見てください。

 

短期足で狙った場合、

ピンクの丸の部分でエントリ―する方も多いと思うのですが、

エントリ―後、結局下に伸びずに上昇しています。

 

それで、結局含み損ということになってしまっています。

 

 

このように、逆張りというのはラインからエントリ―して、

利益を伸ばさずに決済するというのが基本になってくるのですが、

これが経験の浅いトレーダーなんかだと難しいんですよね。

 

なので、今回はこの逆張りの売りをお薦めしているわけではないです。

 

逆張りの売りではなく、

今回はラインを越えてからの買いトレードです。

 

今までのカップ&ハンドルの説明の流れからすると、

当然、買いトレーダーたちの含み損を建値決済(黄色の四角での決済)

を利用した売りエントリ―をすれば勝てるということになりますよね。

 

もちろんここで売りエントリ―をして、

白の矢印の部分の下落から利益を獲っているトレーダーもいます。

 

 

しかし、経験の浅いトレーダーだと、

このチャートの形状だけを覚えて、

パターンが来たからエントリ―ということをしがちです。

 

そうすると、

 

 

このレジスタンスラインからの建値決済をエントリ―根拠としているのですが、

どこで買い支えられていて、どこで反転下落し始めるのかわかっていません。

 

そして、先程お話しした通り、

この下落は長くは続かない可能性があるので、

逆張りの売りエントリ―したプロのトレーダーも早々と決済します。

 

 

で、上昇し始めると、

結局このパターンを狙った大衆トレーダーたちが含み損になってしまうんですよね。

 

なので、今回狙っているのは、

この大衆トレーダーたちの含み損、建値決済を利用した買いエントリ―です。

 

レジスタンスラインを抜けた後に、

転換、サポートされたのを確認して、買いエントリーです。

 

 

この大衆トレーダーたちが損切りしていくので、エントリ―後は伸びていきやすいです。

 

 


その他のトレードです。

 

GBPUSD ショート 170万通貨

+34.4pips (+648,426円)

 

 

 

 

 

EURAUD ショート 160万通貨

+151.8pips (+2,041,164円)

 

こちらは「長岡の秘伝エントリ―」のうちの一つのエントリ―ですね。

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

 

関連記事

自己紹介

はじめまして。長岡と言います。

専業トレーダーです。

 

サラリーマン時代にFXを始め、帰宅後の時間を相場の勉強、検証に費やし、月の収入が150万を越えた辺りでそれまで勤めていた会社を退職。

その後も日々相場の検証を続け、より高いレベルのトレードを追い続けると同時に、経験の浅い方でも利益を出せるような手法を追求しています。

月間+1,200pips達成!

(月間利益+1,400万円達成!)

今は自由な生活を満喫してます。

エントリ―ポイントを掲載

為替取引は自己責任です。

ご自身の判断でお願い致します。

ページ上部へ戻る