長期トレンド途中のレジスタンス後短期エントリ― +86.0pips

こんにちは。

長岡です。

 

 

トレードで勝率の高い手法は、

長期の流れにそって目線を固定し、短期足でエントリ―をする、

というやり方です。

 

基本的にこの流れは変わらず、

勝率の高いポイントで利益を取っていきます。

 

長期足の流れに沿わずにトレードをしたり、

逆張りする方法もありますが、

経験の浅い人がやると勝率が落ちます。

 

長期の流れに沿うことが勝率を維持し、

早く利益を出すことに繋がります。

 

今日もトレード解説をしていきますね。

 

こちらはEURAUD4時間足です。

 

 

チャート上の2本のラインは意識されているレートに引いてあり、

かつあまりラインが多くても見にくいので、

トレードに活かされるものを残しています。

 

 

ここまでの相場の流れを見ると、

小さな波と大きな波を形成しながら上下に動いています。

 

画像の線で示した波の中にも、

小さな波が存在し、大きな波を作っています。

 

オレンジの上昇が発生したことによってピンクの下落が終了しましたが、

このオレンジの上昇も継続せず。

黄色の下落が発生したことによって上昇は終了しました。

 

押し目買いでオレンジの上昇について行こうとしたトレーダーたちは、

含み損となっています。

 

黄色の下落はそのまま2本のラインを下抜けしました。

 

その後、戻りをつけに上昇。

 

赤枠のポイントで買って含み損を抱えていたトレーダーたちは、

白ラインのレートに戻ってきたところで建値決済します。

 

つまり売り注文を入れるので、

それによってレジサポ転換し、反発して下落します。

 

 

今度は黄色の下落からの、

紫枠のポイントを戻り目とした下降トレンドを形成していくところです。

 

紫の矢印のように下落していくところを売りで狙います。

 

 

 

こちらは30分足です。

 

白のラインでレジスタンスされた後の下落狙いですが、

水色のラインでサポートされる可能性もあるので、

ここを下に抜けてから売りを狙います。

 

ただ、水色のラインを抜けてすぐに売りエントリーではないです。

 

水色ライン抜けの戻りとしては浅いですし、

ラインをすんなりと抜けているので、

この水色ラインでレジスタンスされずに

オレンジの枠のポイントから上昇していく可能性も考慮して、

ここから売るのは見送っています。

 

その下には、黄色の枠の辺りに買い勢力がいます。

 

オレンジのもみ合いを下に抜けてから、

このもみ合いを壁にして売っていってもいいですが、

売り勢力がこの買い勢力に勝った後で売った方が安全です。

 

なので、緑のラインを下に抜けてから、

戻ってきたところを売りエントリーです。

白丸のポイントです。

 

 

 

EURAUD ショート 110万通貨

+86.0pips 

 

 

長期の下降トレンド途中に短期の下落を狙う、

という優位性もありますし、

長期足で引ける強いラインでレジスタンスされた後に下落を狙っています。

 

やっていることと言えば、基本的なことのみで、

ラインとロウソク足だけで相場を判断しています。

 

相場から利益を取るためには、

複雑に考えたり、

インジケーターをごちゃごちゃ組み合わせる必要はないです。

 

こういった基本的な根拠の積み重ねで、

週間、月間トータルで利益を出せます。

 

 

この日2つ目のトレードです。

 

 

 

 

 

GBPCHF ショート 130万通貨

+28.2pips

 

 

タイトルとURLをコピーしました