だまし失敗でエントリー方向に伸びる  +24pips

こんにちは。

長岡です。

 

 

今日もトレード解説をしていきますね。

 

 

ポンド円のトレード結果です。

 

 

 

GBPJPY ショート 

エントリー 150.671  決済 150.433

+23.8pips   

+95,200円

 

 

それではチャートを見ながら解説していきたいと思います。

 

 

下のチャートはポンド円の30分足です。

 

 

 

黄色のラインではところどころ

レジスタンス、サポートされていることがわかりますよね。

 

 

このラインに対して、反転すると予測して

エントリーをするわけではないです。

 

 

反転予測のエントリ―は難易度が上がります。

 

 

長期足でレジスタンス、サポートされたあとに

短期足でタイミングを取ってエントリ―

というやり方の方が勝率が上がります。

 

 

例えば上のチャートの黄色のラインを見てみると、

ところどころひげ抜け後に戻されて、結局支えられている、

というポイントがいくつかありますよね。

 

 

この場合、後でチャートを見ると支えられているということになりますが、

リアルタイムで相場を見ていると、

ロウソク足がラインを抜けてしまって

そのまま落ちていくように見えてしまいます。

(もしくはレジスタンスラインの場合、抜けて上がっていくように見えてしまいます)

 

 

で、切らされた後にラインまで戻されて

結局支えられて反転するっていうことになりかねないんですよね。

 

 

このパターンはどんな相場でもかなり起こることなので、

気を付けてください。

 

 

 

 

上の画像は、先程のチャートの5分足です。

 

2の水色矢印の部分を見ると、

ここで急激に買いが入ったことがわかりますよね。

 

 

黄色矢印は、その買いに対しての押し目買いが入ったポイントです。

 

 

しかし、その押し目買いは力が弱く、あまり上昇せずに失敗しています。

 

複数回買い支えられた結果、

結局上昇はストップして下落しました。

 

 

 

3の赤矢印の部分を見ると、

結局買いの勢いがなく、売り勢力に負けているのがわかります。

そして一気に先程引いていた黄色ラインを抜けました。

 

 

その後、黄色ラインを抜けた部分は

長めの下ひげを出して戻されています。

 

 

このひげ抜けの部分で支えられたと判断し、

買っていくトレーダーもいると思われます。

 

 

ひげを付けるとひげとは反対方向に伸びていく、

というセオリーも確かにあります。

 

 

しかしもちろん、下ひげをつけたから上に伸びていく、

などと、単純にそれだけで判断してはだめです。

 

 

 

で、上のチャートの白枠の部分です。

 

 

その後も上昇せず、結局黄色ラインを下抜けし、

ロウソク足が確定してしまいました。

 

 

ここで、下に行くことを確信したので、

戻ってきたところを売りエントリーです。

 

 

 

サポートされているラインを抜けたら

売りのチャンスであるのと同じように、

ひげをつけてサポートされたように見えるところでは、

逆にそのサポートが失敗して下に抜けると、

売りのチャンスになります。

 

 

ちなみに白の短いライン抜けでエントリーだと、

下に黄色のサポートラインがあるので、

止められる可能性があります。

 

 

なので、黄色のラインを抜けてからエントリーした方がいいです。

 

 

白のチェックマークが決済ポイントです。

 

決済後急落していったのですが、

僕は勝率も重視しているので、

2の上昇の起点のレートで、欲張らずに決済しています。

 

 

リスクに対するリワードがしっかりと取れている場合、

サポートラインで反転して利益が少なくなるというリスクを回避すること、

高い勝率を維持して精神的にも安定させること、

などのメリットを考えて決済しておいてもいいです。

 

 

まあ利益確定については正解がないので、

ロウソク足の勢いを見て保有することも多いです。

 

 

ただ、相場で上から下まで全て獲ろうとするのは不可能ですし、

そんなことをする必要も全くないです。

 

 

そんなことをしようとすると、勝率も当然下がりますし、

難易度がもの凄く上がります。

 

 

で、トレードというのは、ただ相場から収入を得るためにやっていますよね。

 

 

その前提があるとすると、

「難易度がなるべく低い、簡単な相場から簡単に利益を獲る」

というふうにやっていったほうがもちろん成功しやすいです。

 

 

上昇している相場では上がっていく途中を、

下降している相場では下がっていく途中を抜いて利益をかすめ取る。

それぐらいで全然いいんです。

 

 

個人トレーダーに出来ることといったら、

環境に頼ってそうやって利益を獲る程度のことです。

 

 

それが簡単な相場から簡単に利益を獲る、という考え方でもあり、

つまりより簡単にFXで勝つための考え方でもあります。

 

 

ちなみにFXで勝つというのは、

当然、トータルで勝つ、勝ち続けるという意味です。

 

 

それで獲れる値幅が少なくなると思う方もいるかもしれませんが、

とりあえず勝つことが最優先ですし、

FXはレバレッジを上げてロットを高くしてトレードすることも出来るので、

全然問題はないです。

 

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック