サポートからの買いとレジスタンスからの売り +26.5pips 

こんにちは。

長岡です。

 

相場から利益を取るには、

簡単な考え方で十分だったりします。

 

重要なのは簡単だと思えるポイントがくるかどうかですね。

 

今日もトレード解説をしていきますね。

 

こちらはGBPCHF4時間足です。

 

 

長期間上昇が続いていることから、

買い勢力が強いことがわかります。

 

で、水色のラインは何度もレジスタンスされたレートに引いたものです。

 

一番右の黄色の丸印のポイントでは、

何度もラインを上に抜けそうになっていますが、

ひげ抜けのみでレジスタンスされて落とされています。

 

その後、ラインを上に抜けるとレジサポ転換し、

強いレジスタンスラインが強いサポートラインに切り替わります。

 

買い目線で固定し、

水色ラインでサポートされた後に、

短期足で買いを狙っていきます。

 

 

こちらは1時間足。

 

先程の4時間足の環境では買い勢力が強いとわかるので、

上昇トレンドが継続していくトレンドフォローを狙います。

 

高値から水色のラインまで落ちてきてすぐに押し目買いを狙うのではなく、

短期足でエントリータイミングを取ります。

 

 

一旦水色ラインでサポートされた後、

戻り売りが入ってもう一度サポートされています。

 

ここまでで、高値をヘッドとした三尊を形成しており、

水色のラインで2度サポートされたことによって、

ここではダブルボトムをつけています。

 

このダブルボトム後に上昇し、短期の下降トレンドが終了。

三尊が失敗したポイントを狙います。

 

黄色のラインを上抜けしたところです。

 

 

こちらは15分足。

 

水色ラインでサポートされた後、上昇を開始。

黄色ラインで一旦レジスタンスされて小さく反転した後、

再上昇してこのラインを上抜けしています。

 

ここでも一旦反転下落したことにより、

上抜けした後に黄色ラインでサポートされる確率が高くなります。

 

黄色のラインを上に抜けたことにより、

上昇していくと判断して買いエントリ―です。

白の矢印のポイントです。

 

直近高値である、白のチェックマークのポイントで決済です。

 

 

 

GBPCHF ロング 110万通貨

+26.5pips 

 

 

今回のトレードは買い勢力が強く、

水色のラインでサポートされた後に、

上昇トレンド継続を狙うという形です。

 

レジスタンスラインを抜けてラインが転換し、

サポートから買っていくという単純なパターンですが、

普通に利益を取れます。

 

相場は上に行くか下に行くかしかないので、

下に行けなければ、上に行くしかないです。

 

強力なサポートラインがあって下にいかないなら上にいきます。

 

こんな簡単な考え方でいいんですよね。

 

で、サポートされた後、

さらに勝率を上げるため、リスクを少なくするために、

短期足でタイミングを取ってエントリーしていく。

 

これが基本的なトレードの仕方です。

 

 

例えばスイングトレードをしたいという方でも、

考え方はこれと同じです。

同じことを長期足ですればいいだけです。

 

ただしスイングトレードの場合、

1度のトレードの許容リスクも大きくする必要がありますし、

保有時間も長くなるので、

それを考慮してトレードしなければいけないです。

 

自分がやりやすいトレードの仕方というものがあるので、

それぞれのやり方でいいです。

 

ちなみに僕は長期の保有をあまりしたくないという理由で、

短期で決着がつくスキャルピングやデイトレをやっています。

 

ロウソク足とラインで相場を読み、

長期足の流れに沿って短期足でトレードをしています。

 

インジケーターなどは使っていませんが、

インジケーターを使いたいという人であっても、

知っておけば為になる考え方だと思います。

 

 

 

週が明けて月曜日1発目のトレードがこちらです。

 

USDCAD15分足です。

 

 

こちらも先程と同じような考え方でのトレードです。

長期足は下目線です。

 

水色のレジスタンスラインを一旦上抜けして、

再度下に潜ってきています。

 

これはレジスタンスを抜けて上へいきそうになったがいけなかった、

要するに騙しです。

 

水色のラインから下へ落ちてきて、

黄色のラインで一旦反転しましたが、

この反転上昇も上へいく力がなく、

黄色のラインを下に抜けたことで、

下に行くと判断して売りエントリ―です。

 

白のチェックマークのポイントである、

直近安値のレートで決済です。

 

先程もお話ししたのと同じような考え方でのエントリ―で、

上に行かないから下に行くというものです。

 

黄色のラインで反転してから下に抜けた後、

かなりの勢いで急落しています。

 

 

 

USDCAD ショート 140万通貨

+42.7pips

 

 

勢いを見ながら成行で決済していれば、

もう少し利益を伸ばせたかもしれませんが、

指値決済をして放っておくというやり方もメリットがたくさんあります。

 

チャートを見て不安になって損切りしてしまったり、

早めに決済して利益が少なくなってしまう、

などといったことを無くすことが出来ます。

 

その結果、エントリー後のリアルタイムの動きに振り回されることなく、

リスクに対するリワードがしっかりと取れたトレードをすることが出来ますし、

トータルで検証通りの結果を出すことが出来ます。

 

チャートを見ておかなくていいので時間を取られない、

というメリットもあります。

 

海外口座のMT4を使えば、

指値、逆指値をチャート上で簡単に設定出来ますし、

急騰、急落でもしっかりと約定するのでお薦めです。

 

タイトルとURLをコピーしました