サポートからの買いとレジスタンスからの売り トレード解説

こんにちは。

長岡です。

 

今日もトレード解説をしていきますね。

 

 

GBPCHF ロング 110万通貨

+26.5pips (+325,366円)

 

それではチャートを見ていきます。

 

こちらは4時間足です。

ぱっと見て上昇中だと分かりますね。

 

で、水色のラインは黄色の丸印のポイントで何度もレジスタンスされた後に引いたものです。

 

一番右の黄色の丸印のポイントは上ひげが何本も出るほど売りの抵抗を受けています。

となると、当然、それを抜けるとレジサポ転換しますよね。

 

先程の強いレジスタンスラインが、安定のサポートラインに切り替わりました。

 

水色の丸印のポイントを見ると、しっかりとサポートされているのがわかりますね。

 

 

こちらは1時間足です。

先程の4時間足の環境から、当然上昇トレンド継続の買いを狙います。

 

ただ、そのまま水色のラインから押し目買いを狙うのではなく、短期足でタイミングを計るんですね。

 

で1時間足なのですが、当然水色のラインでサポートされた後の上昇で、買うポイントをしぼっていきます。

 

一旦高値を付けて水色のサポートラインまで下落したあと、戻り売りが入って、もう一度サポートされていますね。

ここまでで、高値をヘッドとした三尊を形成し、水色のラインで2度サポートされたことによってここではダブルボトムをつけています。

 

このダブルボトム後に上昇し、戻り売りが失敗、三尊が失敗したと判断出来るポイントを狙うんですね。

つまり、黄色のラインを上抜けしたところです。

 

 

こちらは15分足です。

 

この黄色のラインを上に抜けた時点で、上に行く、上昇トレンドが継続すると判断して買いエントリ―です。

白の矢印のポイントです。

 

直近高値である、白のチェックマークのポイントで決済です。

 

今回のポイントは環境です。

上昇トレンド継続の流れであることと、それを補助する形になっている水色のラインですね。

 

で、この水色のラインでサポートされた後に上昇を狙うという形なのですが、正直、毎回同じことを言っていると思った人もいると思うんですね。

 

なぜ、毎回ラインについては同じことを言っているのかというと、結局、トレードというものがシンプルなものだからです。

 

FXは上に行くか下に行くか、しかないですよね。

 

ということは、下に行かないなら上に行くしかないんですよ。

強力なサポートラインがあってそこで下にいかないなら、上にいきます。

 

こんな簡単な考え方でいいんですね。

 

で、サポートされたあとに、さらに勝率を上げるため、リスクや負けた時の損失を少なくするために短期でエントリ―タイミングを取る。

これが基本的なトレードの仕方です。

 

例えば、時間がとれないといった理由などでスイングトレードをしたい、という方でも考え方はこれと同じです。

 

ただ、同じことを長期足ですればいいだけなんですね。

 

その分、1度のトレードの許容リスクも大きくする必要がありますし、保有時間も長くなるので、それを考慮してトレードしなければいけませんが。

 

ちなみに僕は長期の保有をあまりしたくないという理由で、短期で決着がつく、スキャルピングやデイトレをやっていますが、これは、自分がやりやすいトレードの仕方というものがあるので、人それぞれのやり方があるのは当然です。

 

まあ、短期のトレードが合っているという人はとりあえず僕のやり方をやってみて頂ければいいかと思います。

正直、ロウソク足とラインだけで相場を読み、トレードをしているので、インジケーターなどは使っていませんが、インジケーターを使いたいという人にもためになる考え方なので、損はないです。

 

 

ちなみに週が明けて月曜日1発目のトレードがこちらです。

 

 

USDCAD ショート 140万通貨

+42.7pips (+502,804円)

 

 

こちらも先程と同じような考え方でのトレードです。

水色のレジスタンスラインを一旦上抜けして、再度下に潜ってきていますが、これは上に抜けていきたそうにしたがいけなかった、要するにダマシです。

 

水色のラインを上抜けした後に再度潜ってきて、黄色のラインで一旦反転上昇しかけてそれも失敗。

この反転上昇が失敗し、黄色のラインを下に抜けたことで、下に行くと判断して売りエントリ―です。

ちなみにもともと長期の目線は下目線です。

白のチェックマークのポイントである、直近安値のレートで決済です。

まあ、これも先程も言った通り、同じような考え方でのエントリ―で、上に行かないから下に行く、というシンプルなものなんですね。

 

黄色のラインでの反転上昇を否定された後は、かなりの勢いで急落しています。

 

これを見ると、指値決済をせずに見ておけばよかったと思うのですが、

(勢いによってさらに下がることを判断して、利益を大きく獲れるので)

まあ指値決済をしてほっておくというのも、メリットがたくさんあるんですよ。

 

チャートを見ておかなくていいから時間を取られないというメリットも当然あります。

で、その他にも皆さんに指値決済をお薦めしたい理由というのが、チャートを見ながら一喜一憂し、精神に影響を受けることや、不安になって損切りしてしまう、早めに決済してしまう、などといったことを無くすことが出来るんですよね。

 

これによって、1つ1つのトレードをリスクに対するリワードがしっかりと取れたトレードにする、ということが出来ますし、しっかりとトータルでは検証通りの結果を出すことが出来る、ということになります。

 

ちなみに海外口座でMT4を使えば、指値、逆指値をチャート上で簡単に設定出来ますし、急騰、急落でもしっかりと約定するのでお薦めです。

あと、何度も言いますが今後FXで稼ぎ続けるつもりの方は、海外口座は必須です。

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

 

 

 

Author: 長岡