目線を固定し、短期足の動きに振り回されずに利益を取る  +23.3pips

こんにちは。

長岡です。

 

 

FXで早くトータル収支をプラスにするには、

まずは無駄な損切りトレードを減らさなければいけないです。

 

無駄な損切りトレードを減らして勝率を上げ、

損失を減らして利益を残していくんです。

 

そのためには長期足の環境を見て目線を固定することが重要です。

 

目線を固定することで優位性のあるトレードができますし、

逆に長期足に逆らった優位性のないトレードを見送ることになります。

 

優位性のあるポイントに絞ってトレードすることで、

固く利益を積み上げていくことができます。

 

 

今日もトレードを解説していきますね。

 

こちらのチャートはUSDCHFの30分足です。

 

 

水色のラインはロウソク足が止められたレートに引かれており、

トレーダーたちが意識しているレートです。

 

黄色枠のポイントではレジスタンスされていますが、

そこを上抜けして転換した水色のラインでサポートされ、

そこから緑の上昇トレンドが発生しています。

 

 

この上昇トレンドは勢いがなくなり、

赤の矢印のように急落。

水色のラインを下抜けし、

①のポイントから戻り売りが発生しました。

 

しかしこの戻り売りは下落していかず、

水色矢印の買いに負けて急上昇していきました。

 

上昇の力が強いと判断できます。

 

 

上の画像は、先程のチャートの5分足です。

水色の矢印は①の戻り売り後に発生した急上昇です。

 

②のポイントは水色の上昇の押し目であり、

ここから上昇トレンドを形成していくと予測できます。

 

③で短期の押し目買いをしたトレーダーたちもいますが、

ダブルトップをつけて④の下落が発生しました。

 

 

④の下落のあと⑤のネックラインから戻り売りを狙ったトレーダーたちがいます。

しかし⑤の戻り売りポイントでも下落せず、

この売りは失敗して再び上昇しました。

 

⑤のポイントを上抜け後、落ちてきたところを買いエントリーです。

白矢印のポイント。

 

白のチェックマークで決済です。

水色の上昇の高値辺りです。

 

 

 

USDCHF ロング

エントリー 0.98229  決済 0.98462

+23.3pips

 

 

今回の相場では、

振り回されたトレーダーたちがいるかもしれないですが、

ここで振り回されないためには、

買い目線で固定し、

もともと買いで入ることを決めておけばいいです。

長期足では上昇の力が強いので、

買い目線で固定することが出来ます。

 

そうしておくことで、

⑤のダブルトップのネックラインからの戻り売りのように、

売りたくなるチャートパターンが現れても、

無駄にエントリーせずに済みます。

 

こういった目線とは逆方向へのエントリーによる、

損失を回避することができます。

 

 

今回の僕が買ったエントリーポイント以外では、

例えば③のポイントで押し目を狙って買ったとしても、

直近高値手前で決済していれば、ある程度の利益を取れています。

 

しかしこの③の押し目が浅い場合、

押し目買いが失敗して下落する確率が高くなるので、

そういったときにエントリーを見送り、深い押し目が入るのを待つことによって、

損失や含み損を回避することができます。

 

今回のようなポイントでエントリーすれば、

損切りまでの距離が小さくなり、

リスクを少なくすることができます。

 

 

短期足でエントリ―タイミングを取る理由は、

勝率を上げてリスクを少なくすること、

損切り幅を少なくすること、

エントリ―方向に伸びるタイミングを計ってエントリ―すること、

などがあります。

 

 

僕はあまりポジションを長く保有したくないので、

短期のトレードを主体にやっていますが、

スイングトレードでも考え方は同じです。

 

タイトルとURLをコピーしました