ラインからラインまでを抜く 3/14のトレード(+371,362円)

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

 

 

こんにちは。

長岡です。

 

ようやく暖かくなってきましたね。

また旅行行ってきます。

 

 

というわけで今回もトレード解説です。

 

 

 

 

EURGBP ショート 130万通貨

+19.2pips (+371,362円)

 

ではチャートを見ていきますね。

 

こちらは4時間足です。

水色の丸印と黄色の丸印は、直近のレジサポ転換したポイントです。

 

まず直近の話になりますが、上昇トレンドを形成し、ピンクの丸印と次の水色の丸印で押し目を作り上昇。

高値を付けた後、下落を開始しました。

 

先程の上昇の押し目だった水色の丸印のポイントに引いた黄色ラインを下抜けし、レジサポ転換してその黄色ラインでレジスタンスされて下落。

 

その黄色ラインを抜いた先程の下落の安値が、水色のライン上にある水色の丸印であり、水色のラインを下抜けして、レジサポ転換し、レジスタンスされたのが、水色のライン上にある黄色の丸印ですね。

 

で、ただ単にこのレジスタンスされた後にタイミングを取って売りを狙うというだけのトレードです。

 

ピンクのラインは何度も止められている、トレーダーたちが意識しているレートであり、ピンクの丸印は急上昇の起点となっているポイントです。

 

ピンクの丸印では、ひげを付けてサポートされていますね。

 

で、今回は水色のラインからピンクのラインまでを抜く、という目的でトレードしています。

 

 

こちらは1時間足です。

 

先に決済の話をするのですが、このピンクのラインは何度も止められており、トレーダーたちが意識しているレートです。

ピンクの丸印のポイントも、少し左側でレジスタンスされているところを上抜けして転換してサポートされたポイントですね。

 

で、今回は水色のラインを背にして売っているのですが、このピンクのラインのようなレートでは一旦再度サポートされやすいんですね。

 

現に、一番右の黄色の丸印のポイントでレジスタンスされて下落した後、

(その下落を抜いて利益を獲っています)

ピンクのラインで2度反転しています。

で、水色のライン付近まで2度戻されているんですね。

 

この後はどうなるかわからないですし、仮にピンクのラインを下抜けして下落していく可能性があったとしても、結果論であり、正直保有するのは危険です。

 

こちらは15分足です。

エントリ―は白のラインまで戻ってきたところをショート。

白の矢印のポイントです。

で、決済は白のチェックマークのポイントです。

決済はピンクのラインまでギリギリ届かずに、ひげをつけて戻されてので、これはピンクのラインのレートでサポートされたと判断して決済しています。

 

案の定、その後上昇して建値まで戻されていますね。

 

その後も一旦ピンクのラインまで下落したものの、再上昇して水色のライン付近まで戻されています。

 

先程ピンクのラインを下抜けして下落する可能性があるとしても保有するのは危険だと言いましたが、これは損失を被る危険というだけではないです。

 

何かというと、精神的なものになってくるのですが、ピンクのラインまででけっこうな含み益が出ているのですが、それが一旦建値に戻されていき、含み益がどんどんなくなっていく、さらにはゼロになって含み損にすらなる、ということを目の前にして、人間、不安になってくるんですね。

 

で、さっきサポートされたところで無理せず利益確定しておけばよかったと後悔したりとか、せっかく含み益だったので含み損になりたくないっていうことで、少ない利益で確定してしまったり、建値であるゼロで決済してしまう、ということになります。

 

この場合、単純に利益が獲れなくてもったいない、ということももちろん言えるのですが、精神的に後に引きずる可能性もあるんですね。

僕が教えている人たちの中にもいるのですが。

 

ちなみに、含み益になっていた後、戻されての損切りというのは一番精神的にやられてしまうので、最低でも建値で切っておいたほうがいいです。

 

そういう意味でも、無理な保有は危険であると言えるんですね。

 

で、チャートの緑の丸印のポイントを見て頂きたいのですが、これは直近安値で決済する場合のポイントです。

 

この緑の丸印で決済しても問題はないです。

リスクに対する利益も獲れていますし、当然勝率は高くなりますよね。

今回の場合、僕は強いと思われるピンクのラインまで保有したのですが、勝率重視、という人は直近安値である、緑の丸印のポイントで決済してもOKです。

 

エントリ―に関してはほとんど含み損がないポイントでエントリ―しているのですが、これは白の短いラインが、直近の短期上昇トレンドの押し目となっているレートであること、リスクを減らすこと、を考えてここでエントリ―しています。

 

ちなみに僕のトレードを見ていて気付いている人もいると思いますが、含み損がほとんどないトレードが多いんですね。

 

この含み損がないということは、特に精神面で重要になってきます。

 

僕は技術で精神面の問題をなくすこと、を基本理念としているので、もし精神面で不安のある人、それを技術で克服するという、僕の理念に共感できる人は、ぜひ、僕のトレードを学んで頂きたいと思うんですよね。

 

僕が作成したエントリ―マニュアル「長岡の秘伝エントリ―」には、僕のエントリ―に関する技術が記載してあるのですが、こちらから口座を開設して頂いた方に無料でお渡ししています。

 

 

ちなみにこちらは3/9のトレードです。

「長岡の秘伝エントリ―」の一つを利用したトレードですね。

 

 

EURJPY ロング 120万通貨

+41.5pips (+498,000円)

 

 

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


今後FXで稼ぎ続けるという方は、海外口座は必須です!

ゼロカットシステム+ハイレバによる小資金投資+安定の約定で大切な資金を守りながらFXで利益を獲り続けてください!

 

僕のお薦めFX口座です。

海外口座の中から僕の判断で厳選し、僕自身も使用しています。

「AXIORY」のメリットは何と言ってもスプレッドが低いこと。

これは僕たちトレーダーにとってはかなり重要視するポイントですよね。

スプレッドが低いので、日本の業者と比べても損はありません。

 

もちろん海外口座のメリットでもある「ゼロカットシステム」があり、マイナス資金はリセット出来ます。

 

入出金トラブルなどは一切なく安心。日本語OKでメールの対応も素早くお薦めです。

日本人の担当者が親切丁寧に対応してくれます。

マイナンバーの提出もなく、2、3分で開設出来ます。

 

口座開設者には、僕が作成したエントリ―マニュアル「長岡の秘伝エントリ―」も無料でお渡ししています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author: 長岡