FXで利益を出すまでの近道

こんにちは。

長岡です。

 

 

相場参加者の中で利益を出せていないという人の中には、

ろくに勉強をしていない人が多くいますが、

中には努力しているのにまだ結果を出せていない、という人もいると思います。

 

そういった方は努力がまだ足りていないか、

学ぶ方向性が間違っているか、

もしくはあまり考えずにFXを勉強しているという人も多いです。

 

そういった方たちが現在勉強している手法

(例えばトレンドフォローや、逆張り、MAタッチの手法でもいいです)

は、何度かトレードしていると利益を取れることもありますよね。

 

しかし月間だとマイナス収支になっていたりします。

 

なまじ利益を取れることもあるためなぜ負けているのかわからず、

同じ手法を繰り返した結果、

何度も損切りしていまい、マイナス収支になってしまうんです。

 

 

なぜ勉強をしている人が、

利益を取れるはずの手法を使っても負けてしまうのか?

 

簡単に言うとその手法が使える相場が来ていないからです。

 

利益を取れる手法を使った場合、

全く同じ相場が来ていれば利益を取れます。

しかし、過去と全く同じ相場は来ないんですよね。

 

ロウソク足の長さ、ひげの長さ、高値、安値、長期の環境など、

他にもまだまだありますが、

過去の相場と違うポイントを上げればきりがないです。

 

つまり、やろうとしている手法が今の相場に使えるのか?

ということを判断出来なければいけないんです。

 

利益を出せる手法というのはトータルで、という意味です。

手法が今の相場に使えると判断した結果、7割勝てればOKです。

リスクリワードが1なら勝率6割でも利益を出せます。

 

で、全く同じ相場は来ませんが、

似たような相場、つまり手法が使える相場は来ます。

 

相場環境があってこその手法なので、

その判断が出来るようにならないといけないです。

 

 

自分で考えるべきことは他にもあります。

 

僕は大衆心理を利用することが利益を出す方法だと思っていますし、

みなさんにもお薦めしています。

なぜなら相場がトレーダーたちの売買によって動いているからです。

 

上昇トレンドはMAに沿って上昇しているわけではなく、

トレーダーたちの売買によって動いた相場にMAがついていってるだけです。

 

なのでインジケーターはある程度の売買の基準にはなっても、

まるっきりトレードをそれに頼ることはできないです。

そんなことをしていると、トータルで負けます。

 

 

なのでそれを前提にお話ししますと、

自分で大衆心理を考えながらトレードをしたり、

チャートの検証をしなければならないということです。

 

最初は簡単なことで大丈夫です。

 

ここでトレーダーたちは買いにいったとか、

自分なら損切りするとか、

トレーダーたちは含み損になっているから不安を感じているとか、

そういう想像が利益を出すことに繋がります。

 

考えながらトレードに取り組んでいくと、

同じ手法をやるにしても、また違った見え方になってきます。

 

例えば買いが多く入っているところを下に抜けてくると、

損切りの売りが多く入り、

売り狙いの人にとってはチャンスになります。

 

 

相場から利益を出すために必要なことは僕も記事に書いていこうと思いますし、

稼ぎたいと願う人の力になりたいと思っています。

 

それに追加で自分で考えるということをやっていけば、

相場から利益を出す近道になります。

 

教えられた手法をやってみて、勝てなければ次の手法を探す、

などということをしていても永遠に利益を出せません。

 

手法はもちろん重要ですが、

先程もお話ししたように、

自分の判断の仕方やチャートの見方などが必要になってくるんです。

 

それについてはやはりチャート検証が必要になってきますし、

チャート検証をすることはかなり重要です。

 

たまに検証するのが面倒臭いと言う人もいますが、

トレーダーとしてのレベルが上がるのでしっかりとやった方がいいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました