FXで勝つまでの道のり(2)

人気ブログランキングへテクニカルトレードNo.1はこちら

こんにちは。

長岡です。

今回は前回の続きをお話ししたいと思います。

前回お話ししていたのは、まずは知識をつけてくださいということでした。

その知識というのが、エントリ―の仕方の他に、リスク管理、決済の仕方、精神面の安定のさせ方などがあり、決済についてまでお話ししました。

 

次に精神面の安定の話になってくるのですが、これはエントリ―や決済など、トレード全般に関わってきます。

まず、エントリ―ポイント、相場が勝てる形になるのを待てないという方がいます。

ポジポジ病が発生して根拠のないところでエントリ―をしたり、期待感でトレードしてしまったりなどです。

しかし、相場は自分の都合に合わせて動いてはくれません。

自分が相場に合わせないといけないのです。

当たり前のことですが、まずはこのことをしっかりと頭に入れておいてください。

そして損切りです。

損切りによって大きくメンタルが落ちてしまって悩んだり、取り返そうとドテンエントリ―などを繰り返し、往復ビンタを食らってしまうなどという方がいます。

損切りというのは必要経費と考えてください。

どんな優秀なトレーダーでも、損切りはするのです。

損切りが必要経費であり、当たり前のものであるという認識が出来ていれば、精神を安定させたまま次のトレードに切り替えて取り組むことが出来ます。

もちろん、この損切りになっている負けトレードは減らしていかなければいけません。

いかに損切りが必要経費といえども、10連敗などしてしまうと、精神的に落ち込んでしまいますよね。

そして、負けトレードを減らすと勝率が上がるというのは当たり前ですし、以前お話しした通り、負けトレードを減らすことが一番の常勝トレーダーへの近道です。

勝率が上がり、トータルで勝てるようになると、精神的にも安定します。

ここで何が言いたいのかと言いますと、エントリ―技術が精神の安定につながるということです。

勝率8割以上、トータルでもプラスに出来るエントリ―技術を持っていれば、それだけで損切りなんて勝手に必要経費として認識できますよね。

エントリ―についてはこちらの「7つの秘伝エントリ―パターン」で、勝率の高いエントリ―を手にすることが出来ます。

 

知識を詰め込んだら、次に検証と練習です。

皆さんはしっかりと検証しているでしょうか?

これはかなり重要で、知識を入れることよりも早く成長できると思ってください。

実際に僕も検証によっての成長はかなりあったと思いますし、もちろん今でも検証はほぼ毎日しています。

今でももちろん食べていくお金には困っていないのですが、僕自身さらに成長していくため、そして、まだ勝てていない方や初心者の方がどうしたら最速で勝てるようになるのかということを念頭に置いて検証しているのです。

検証によってトレーダーとしての技術も得られますが、さらに精神的にも重要であるということが言えます。

検証によって勝ちパターン、勝率、利益を出し、実際にトータルで勝てるということを理解することが出来ると、自信がついてちょっとやそっとの含み損で怖くなって切ってしまうなどということによるいわゆる損切り貧乏ということがなくなります。

先程の話に戻りますが、損切りが必要経費であるということが理解出来ていないと、このような損切り貧乏に陥る可能性があります。

損切りが怖くなり、損失を少しでも減らそうという考えになってしまうからです。

ここで、では損切りが必要経費だから気にせず損切りしてくださいということ言いたいわけではなく、損切りが必要経費であるということを理解するためにも、検証をしっかりとしてくださいということです。

検証をすることによって例えば7割の勝率のある手法だとすると、10回中3回は負けトレードということになります。

この負けトレードがしっかりと自分の中でトータルでの結果に組み込まれているのかということです。

トレードでは100%確実に勝てる手法というのは存在していません。

僕たちトレーダーはそれを理解した上で、勝てる確率が高い手法を取っているだけに過ぎません。

なので、先程お話しした、負けトレードをトータルの結果に組み込み、その上で収支をプラスに出来ていればいいのです。

少し長くなりましたが、これらのことは常勝トレーダーになるために必要な基本的なことです。

まずはこれを理解した上で取り組んでください。


人気ブログランキングへ



僕が長年利益を出し続けている手法はこちら