ラインとロウソク足によるテクニカルチャート分析とエントリ―で勝つ! 初心者からでもFXで勝てる手法を公開するブログ

何故上昇し続けている相場で買いを狙わないのか?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

 

 

こんにちは。

長岡です。

 

今日もFXで稼ぐ考え方についてお話ししていきますね。

 

FXを勉強していくと、

「トレンドが継続するから」

「順張りがいいから」

という話をよく聞きますよね。

 

 

初心者の方にありがちなのですが、

そういった話を単純に取り入れて、

上がり続ける相場で買いを狙うと負けてしまうことが多々あります。

 

 

なので、今回は「なぜ上昇し続けている相場で買いを狙わないのか?」

ということについてお話ししていきたいと思います。

 

 

上昇を継続していれば買いを狙った方がいいというのは

確かに順張りの常識なのですが、

狙わないほうがいい相場があるんですよね。

 

下の画像をご覧ください。

 

画像の水色の枠の部分では上昇が続いています。

これを短期足で見ると、このようになっています。

 

 

この上昇トレンドに乗って買いを狙うということはしないです。

 

 

確かに、結果的に見れば

丸印辺りで買いで入っておけば勝っていたということになります。

 

 

しかしそれは結果論であり、

このトレンドはいつまで続くか分からないんですよね。

 

 

まずこの上昇が継続しているときに

買いで入らない理由を簡単に言うと、

この上昇がいつまで続くか分からないということ。

 

 

そして、短期で見ると上昇トレンドになっているのですが、

これが長期足で見るとただ1つの波に過ぎないということが言えます。

 

 

要するにただのブレイクです。

 

 

まず、もし長期足の環境を見たときに、

この上昇が下降トレンドの戻りに過ぎなかった場合や、

レンジの場合はもちろんこの上昇は続かないのですが、

長期足が上昇トレンドであったとしても、

結局短期の上昇が続かない場合があります。

 

 

それはさらに大きなトレンドの押し目が入った場合です。

 

 

長期の流れに沿ったトレードをしているにも関わらず

勝てないという人は、

さらにこの大きな波のトレンドを考えてみてください。

 

 

短期足のトレンドは、

長期足の1本の波に過ぎないということを

理解して頂きたいんですよね。

 

 

これを理解するメリットは何かというと、

もちろん勝率が高くなるということです。

 

 

上昇トレンドで説明していきますが、

長期足のブレイクを狙わず、トレンドフォローを狙うことにより、

上昇トレンドを狙ったときに、

長期の押し目が入ることによる負けがなくなるんですよね。

 

 

例えばブレイク後の利益確定の売りによる下落、

長期のトレンド押し目が入ることによる下落で、

もったいない負けをせずに済みます。

 

 

ちなみにブレイクを狙ってはいけないというわけではないです。

 

 

「売りが入って押し目を作りに行く可能性がある」

「これがブレイクを狙っている」

ということを理解して買いに行く場合はOKです。

 

 

では結局どこを狙えばいいのかということですが、

長期のトレンドフォローということになりますよね。

 

 

下の画像をご覧ください。

 

上昇し続けている相場ではなく、

いったん落ちてきて押し目が入り、

その後のトレンドフォローを狙えばいいんですよね。

 

 

上のチャートでは水色の枠の上昇の後、

一旦下落し、その後の白の枠の上昇を狙うということです。

 

 

ここを狙うということは、

先程言った理由以外にもメリットがあります。

 

 

それは目標とする高値を設定出来るということです。

 

 

もしチャート上で最高値を更新していく上昇があるとすると、

僕はその上昇に乗って買いで入るのは怖いです。

 

 

なぜならいつどこから下落していくか見当がつかないからです。

 

 

含み益を獲れていたとしても、

どこで利益確定すればいいか分からないということにもなります。

 

 

損切りまでの距離をリスクとして、

利益確定がそれ以上であればいいという考え方もありますが、

上昇の目標がないので、

そこまで伸びる根拠のない利確設定になってしまいます。

 

 

では高値をつけて、

一旦下落してきた後のトレンドフォローを狙う場合はどうかというと、

この場合、一旦高値をつけているので、

その高値までは上昇する余地があるということになります。

 

 

一旦下落を開始したレートで売りが入ったということを

予測することが出来ます。

 

 

このように、

上昇を狙うにしてもトレンドフォローを狙うことで、

メリットが多々あるんですよね。

 

 

特に初心者の方は今回僕が書いたように、

上昇後に一旦下落した後、下降後に一旦上昇した後、

長期足のトレンドフォローを狙うことをお薦めします。

 

 

今回の内容の核心である、トレンドフォローですが、

もちろんその中でも勝率の高い狙い方というものがあります。

 

 

トレンドフォローを狙うにしても、

一旦上昇した高値まで再上昇して到達するということが

勝率を上げるトレンドフォローの条件になります。

 

 

「長岡の秘伝エントリー」は

高確率のトレンド形成パターンも記載しています。

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック