上昇し続けている相場で買いを狙わない理由

こんにちは。

長岡です。

 

 

FXを勉強していると、

トレンドは継続する、

順張りがいい

という話をよく聞くと思います。

 

言葉で判断するとその通りなのですが、

そういった言葉に対して間違った解釈をしてしまっている人がいます。

 

例えばどこからどう見ても上昇トレンドが継続している相場で、

買いを狙うと利益を取れる確率が高いはずが、

なぜかエントリー後に逆行して損切りしてしまう、

損切りした後に上がる、という人も多いと思います。

 

トレンドが継続することも、

それに対して順張りすればいいということも全くその通りですが、

狙わないほうがいい相場やタイミングがあります。

 

こちらのチャートを見てください。

 

 

こちらの相場では、

どこで買っても利益を取れていたということになります。

 

例えば白の丸印辺りで買っていれば利益を取れています。

 

出来上がったチャートを見れば、

買えば利益を取れていたことがわかるのですが、

リアルタイムでこういうトレンドの継続を狙って買っていくと、

逆行して負けてしまう場合も多いです。

 

その理由は、この波の上昇がいつまで続くか分からないということ。

そして、短期足で見ると上昇トレンドを形成しているのですが、

これが長期足で見るとただ1つの波に過ぎないということが言えます。

 

水色の枠の部分を長期足で見ると、このようになっています。

 

 

水色の枠内の上昇トレンドは、

長期足ではピンクの一本の波となっています。

 

水色の枠に至るまでの相場の流れを見ても、

ピンクや黄色の上昇を1本の波とした、

大きな波の上昇トレンドが形成されていることがわかります。

 

要するにピンクの上昇はただのブレイクです。

ブレイク後は一旦押し目を形成する下落が入ってきますし、

この上昇が長期の下降トレンドの戻りに過ぎなかった場合や、

レンジの場合も上昇は続かないです。

 

長期足が上昇トレンドであったとしても、

それが上のような相場で、

ブレイク後に黄色の大きさの波のトレンドの押し目が入った場合、

短期足では下降トレンドになってしまい、負けます。

 

長期の流れに沿ったトレードをしているはずなのに利益を出せないという人は、

一つ大きな波を見た方がいいです。

 

短期の上昇トレンドが現在まで継続してきているというだけでは、

今後もトレンドが継続していくという信頼性がないんです。

 

短期足のトレンドが長期足にとっては1本の波に過ぎないということを理解していれば、

例えばブレイク後に長期足上昇トレンドの押し目が入ることによる下落で、

もったいない負けをせずに済みます。

 

ブレイクを狙ってはいけないというわけではないです。

売りが入って押し目を作りに行く可能性がある、

現在ブレイクを狙ってエントリーしている、

ということを理解して買いに行く場合はOKです。

 

 

では結局どこが利益を取りやすいのかということですが、

それは長期足のトレンドフォローです。

 

 

上昇し続けている相場ではなく、

いったん大きな波の下落が発生し、

押し目が入った後のトレンドフォローを狙えばいいんです。

 

上のチャートでは水色の枠の上昇の後、

一旦下落し、サポートされた後の白の枠の上昇を狙います。

白丸のポイントで、

切り下げラインやネックライン抜けで買っていきます。

 

 

この上昇を狙う場合、

目標とする高値を設定出来るというメリットもあります。

 

 

例えばこちらのチャートのピンクの上昇のように、

短期足の上昇トレンドが最高値を更新していく上昇があるとすると、

いつどこから下落していくかわからないので、

短期足で上昇トレンドが継続していても買わない方がいいです。

 

 

仮に買いエントリーし、含み益を取れたとしても、

リアルタイムだとどこまで伸びるかわからないので、

利益確定するレートを判断しにくいです。

 

 

 

ではこちらのように下落してきた後のトレンドフォローを狙う場合はどうかというと、

この場合は一旦水色枠の上昇で高値をつけているので、

その高値までは再上昇する余地があるということになります。

 

そういう理由も含め、

エントリー後に上に伸びる確率も高いです。

 

このように、

ただ上昇を狙うにしても、

白枠のようなトレンドフォローを狙うことでメリットが多々あります。

 

特に初心者の方は今回お話ししたように、

一旦大きな波の下落が入り、サポートされた後に、再上昇していくところを狙う、

トレンドフォローををお薦めします。

 

タイトルとURLをコピーしました