何故上昇し続けている相場で買いを狙わないのか?

こんにちは。

長岡です。

 

今日もFXで稼ぐ考え方についてお話ししていきますね。

 

FXを勉強していると、「トレンドが継続する」「順張りがいい」という話をよく聞くと思います。

初心者の方にありがちなのですが、そういったことを単純に取り入れて、上がり続ける相場で買いを狙うと負けてしまうことが多々あります。

 

上昇を継続していれば買いを狙った方がいいというのは確かその通りなのですが、狙わないほうがいい相場やタイミングがあります。

 

こちらの相場では、結果的に見れば、白の丸印辺りで買ていれば勝っていたということになります。

しかしそれは結果論です。

こういうトレンドの継続を狙って買っていくと、負けるパターンも多いです。

 

こういう短期の上昇トレンドが継続しているときに買わない方がいい理由を簡単に言うと、この上昇がいつまで続くか分からないということ。

そして、短期足で見ると上昇トレンドになっているのですが、これが長期足で見るとただ1つの波に過ぎないということが言えます。

水色の枠の部分を長期足で見ると、このようになっています。

 

要するにただのブレイクです。

この上昇が長期の下降トレンドの戻りに過ぎなかった場合や、レンジの場合、もちろんこの上昇は続かないです。

しかし、長期足が上昇トレンドであったとしても、それが上のような相場で、買った後に上昇トレンドの押し目が入った場合、短期足では下降トレンドになってしまい、負けます。

 

長期の流れに沿ったトレードをしているにもはずなのに勝てないという人は、大きな波を考えた方がいいです。

 

短期足のトレンドは、長期足にとってはの1本の波に過ぎないということを理解してください。

これを理解するメリットは何かというと、もちろん勝率が高くなるということです。

例えばブレイク後に長期トレンドの押し目が入ることによる下落で、もったいない負けをせずに済みます。

ブレイクを狙ってはいけないというわけではないです。

「売りが入って押し目を作りに行く可能性がある」「これがブレイクを狙っている」ということを理解して買いに行く場合はOKです。

 

では結局どこが簡単に勝ちやすいのかということですが、長期のトレンドフォローを狙います。

 

 

上昇し続けている相場ではなく、いったん落ちてきて押し目が入った後のトレンドフォローを狙えばいいんです。

上のチャートでは水色の枠の上昇の後、一旦下落し、サポートされた後の白の枠の上昇を狙います。

 

ここを狙う場合、目標とする高値を設定出来るというメリットもあります。

もしチャート上で最高値を更新していく上昇があるとすると、僕はその上昇に乗って買いで入るのは怖いです。

 

なぜならいつどこから下落していくかわからないからです。

含み益を獲れていたとしても、利益確定のポイントがわかりにくいとも言えます。

では下落してきた後のトレンドフォローを狙う場合はどうかというと、この場合、一旦高値をつけているので、その高値までは上昇する余地があるということになります。

このように、上昇を狙うにしてもトレンドフォローを狙うことで、メリットが多々あります。

 

特に初心者の方は今回僕が書いたように、一旦下落してサポートされた後、長期足のトレンドフォローを狙うことをお薦めします。

勝ち方の最新記事8件