トレンドについて

 

こんにちは。

長岡です。

 

今日はトレンドについてお話ししていきたいと思います。

まず、なぜわざわざトレンドの話をするのか?ということですが、トレンドがFXにおいて重要なものであり、トレンドを理解すればより簡単に利益を獲れるようになるからです。

にも関わらず、あまり理解せずにトレードしている方が多いんですよね。

なのでここでお話ししていこうと思います。

 

まず、ダウ理論でのトレンドっていうのは、高値と安値が切り上がっていれば上昇トレンド。

高値と安値が切り下がっていれば下降トレンドですよね。

 

上の図は上昇トレンドの図です。

上昇トレンドの場合、その押し目を下に抜けてくれば、トレンド終了ということになります。

そして、この押し目を下に抜けない限り、トレンドは継続するというのがトレンドの定義になっていますよね。

 

そして勉強している方にとっては、トレンドに逆らわずにトレードすること、長期のトレンドと同じ方向にエントリーすることは当たり前のこととなっていますね。

確かにそれだけで優位性はあります。

 

しかし、長期のトレンドと同じ方向にエントリ―しているという人でも負けてしまう人がいます。

それはなぜかというと、トレンドがどこまで続くか分からないからなんですよね。

なので、トレンドが続いているからと思って安易にエントリ―すると、それがトレンドの最後の方だったりして、逆行して負けてしまうことになります。

そして、トレンドと同じ方向にエントリ―しても勝てませんということになるんですね。

 

その理由としては、トレンドが目標としているレジスタンス、サポートに到達しているということや、上昇トレンド継続を狙っているはずなのに、さらに大きな下降トレンドの戻りに過ぎないという場合などがあります。

 

 

 

ではどうすればいいのかというと、まずは環境認識をしっかりすること、そして、トレンドの最初のほうを狙えばいいということになりますよね。

トレンドは続けば続くほど、継続する力が弱くなっていきます。

なので、最初の方を狙うという考え方になってきます。

しかし、ただトレンドの最初のほうを狙えばいいというわけではないんですね。

 

上昇トレンドの話をしていきますが、しっかりとトレンドが押し目を作り、その押し目から高値を超えていくこと、それがトレンド形成、そしてそれが続けばトレンド継続です。

で、その高値を超えていくトレンドの間を抜くことで勝率の高いトレードが出来るんですね。

 

そもそも、トレンドと同じ方向にエントリ―して負けるということは、押し目から上昇しないとか、高値を超えないなど、トレンドを形成していないということになりますよね。

 

そういうところは狙わず、この高値をしっかりと超え、トレンド形成するところを狙えばいいということになります。

 

なので、ここでも大衆の損切りと建値決済を見極めるということが重要になってくるんですね。

 

トレーダーたちが含み損を抱え、建値決済をするところでトレンドの高値を狙えばいいということになります。

下の図の赤の丸のポイントです。

 

ただ何となく上昇トレンド継続中だから買いを狙うというわけではないんですね。

先程も言いましたが、確かにそれだけでも優位性はあるんです。

しかし、さらに勝率を上げたいというのであれば、しっかりとトレンドを形成し、上昇トレンドなら高値、下降トレンドなら安値を越えていくところを狙わなければなりません。

 

それがトレーダーたちの損切り、建値決済を利用したトレンドということになるんですよね。

 

で、トレンドの狙う部分は理解して頂けたかと思いますので、次に環境認識です。

 

これはさらに大きなトレンドをしっかりと認識するということと、もう一つ。

レジスタンスライン、サポートラインですね。

 

このラインについてはまた別の記事で詳しくお話ししていきたいと思います。

というわけで、今回はここまでになります。

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

 

 

 

 

Author: 長岡