トレーダーの売買、大衆心理を利用してトレードする

こんにちは。

長岡です。

 

今日もFXで利益を出すための考え方についてお話ししていきますね。

 

僕がまず皆さんに言いたいことは、大衆心理を利用してトレードしようということです。

なぜなら相場がトレーダーの売買によって、つまり大衆心理によって動いているからです。

 

FXを始めたばかりの人は大抵インジケーターでシグナルが出たらトレードというふうにやってしまいがちですが、それだけではトータルで勝てません。

インジケーターは例えば、MAやボリンジャーバンドの2σにタッチしたらエントリ―、RSIが何%になってたらエントリ―など、世の中に出回っている色々なパターンがあります。

 

それが一般的に基本として認知されていますが、その認知された基本的なやり方でトレードしようとすると、おそらくトータルで負けます。

 

では、なぜ勝てないのか?

 

まず、インジケーターはいくら研究してもそれだけでは勝てません。

インジケーターはロウソク足が動いた後で、ただ単に相場に追随して動くものだからです。

 

インジケーターを使って勝っている人も世の中にはいますが、その人たちは相場の本質をしっかりと理解しています。

彼らは別のエントリー基準や相場認識があって、タイミングを取る補足としてインジケーターを使っているに過ぎないんですよね。

そして、インジケーターの意味をしっかりと理解して使っています。

インジケーターは意味をしっかりと理解していないと使いこなせません。

無駄に表示させているだけなら、邪魔なのでない方がマシです。

 

チャートパターンも同じです。

チャートパターンはその形よりも、なぜその形になっているのか?

どんな相場の流れでそのチャートパターンが発生しているのか?

を考えないと意味がないです。

なのでただ単に形が発生したからといってエントリ―ということを繰り返していると、トータルで負けてしまいます。

 

で、僕がお勧めしているのが最初に書いたトレーダーの売買、大衆心理を利用してトレードすることです。

これを理解すれば勝てます。

なぜなら先程も言いましたが、相場がトレーダーの売買によって動いているからです。

 

買い注文が多く入ればレートが上がりますし、売り注文が多く入れば下がります。

単純ですよね。

新規の注文だけでなく、ポジションを持つトレーダーの決済注文も含まれます。

 

資金量による買い勢力と売り勢力による対決であり、勝った方の方向へレートが動きます。

そしてその方向へエントリーすることによってすんなりと利益を取れます。

 

この相場の本質を理解せずにトレードをすると、いくらインジケーターを複雑に組み合わせても勝てません。

大衆心理を利用することを頭に入れてトレードするのとしないのとでは、トレードの質が全然違ってきます。

それは勝っているトレーダーたち、勝てていないトレーダーたちを見ていれば分かります。

 

相場の転換点、レジスタンス、サポート、押し目、戻りなど、そこでトレーダーたちが多く買った、売ったなどを理解しているからこそ、相場の流れ、勝てるポイントなどが分かってきます。

 

ただ単にラインを引いて反転を狙うとか、上昇トレンドを形成しているから買いを狙うということではないです。

先程も言いましたが、インジケーターがこうなったからエントリ―ということだけやっていても本当に意味がないです。

 

なので、今まで別のやり方で勝てなかったという方は、そういう意味でも学んでいる方向が間違っていることが多いので、トレーダーの売買を利用したトレードを学んで頂ければいいかと思います。

今後FXで稼いでいきたいという方は、僕のトレードを学んでおいて損はないです。

 

僕はインジケーターは必要ないので使っていませんが、インジケーターを使った方が相場を見やすいとか、エントリ―のタイミングに使いたいという方も中にはいるかと思います。

そういう方でも、もちろんこのトレードを学ぶ意味はあります。

 

勝ち方の最新記事8件