長期上昇トレンド中の買い狙い 12/8のトレード +13pips 127,000円

人気ブログランキングへ

こんにちは。

長岡です。

現代は本当に便利ですね。

インターネットでボタン一つでトレード出来ます。

 

今日もトレードを解説していきますね。

 

CADJPY ロング 100万通貨

エントリー 88.267  決済 88.394

+12.7pips

+127,000円

 

上のチャートは日足です。

上昇トレンド中であることがわかりますね。

 

ダウ理論の定義では高値と安値が切り上がっていれば上昇トレンドであり、安値が切り下がらない限り継続するんですね。

 

なので水色のN字の上昇トレンドは、押し目である赤のラインを下に抜けると終了します。

 

そして、黄色のラインはチャートの左側を見て、反応しているところに引いています。

黄色の丸印はレジスタンスされているポイント。

水色の丸印はサポートされているポイントです。

こちらは4時間足チャートです。

先程の黄色のレジサポラインで逆三尊をつけて上昇し、1のサポートされたポイントは緑の上昇の押し目となっています。

水色のラインはサポートされているレートに引いており、緑の丸印はサポートされているポイントです。

黄色のラインは先程の日足のままですね。

 

黄色のライン、水色のラインは、日足、4時間足で何度も止められているポイントに引かれており、強いレジサポラインとなっているということがわかると思います。

 

緑の上昇トレンド形成中であり、1のポイントで押し目を付けて再上昇したところを買いで狙います。

こちらは30分足チャートです。

緑のラインは、緑の丸印からの上昇の押し目に引いています。

先程の何度も反応していた水色のラインを見てください。

1のポイントで緑の上昇の押し目が入り再上昇した後、2のポイントで小さいですが売りが入っています。

その後結局上に抜けたのですが3のポイントでレジサポ転換の買いが入りました。

 

 

こちらは5分足チャートです。

3のポイントでレジサポ転換の買いが入り、反転を確認して買いエントリーです。

緑のラインは先程の30分足チャートで買いが入ったと思われるレートに引いていました。

一度その緑のラインで落とされ、2度目の上昇でも抜けなかったので、白のチェックマークのポイントで決済しました。

 

こちらの緑のラインで決済した理由ですが、先程の4時間足チャートで、緑の上昇が発生し、その後1の押し目とみなしたポイントまで下落したところを見てください。

 

4時間足チャート。

この緑の上昇の高値から1のポイントまでの下落を1波とする下降トレンドが発生する可能性を考えます。

すると、その下降の戻り目は緑のライン当たりで発生すると考えられます。

水色のライン当たりで発生するとも考えられますが、浅いですし、実際発生しませんでした。

この緑のラインを2度目の試しで抜けなかったことから、一旦戻りの下落が発生する可能性を考え決済したほうがいいです。

 

決済後、指標で一旦抜けたのですが、上ひげをつけて戻されてしまっています。

エントリーする際も当然なのですが、決済をするポイントを考える際にも、反対勢力や押し目、戻り目を考えておいたほうがいいです。

そうすることによって、エントリー後の逆行も少なくなりますし、トレードがやりやすくなります。

今回のトレードは以上です。

 

この日のその他のトレードです。

 

EURGBP

+14.2pips

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

 

 

関連記事

自己紹介

はじめまして。長岡と言います。

専業トレーダーです。

 

サラリーマン時代にFXを始め、帰宅後の時間を相場の勉強、検証に費やし、月の収入が150万を越えた辺りでそれまで勤めていた会社を退職。

その後も日々相場の検証を続け、より高いレベルのトレードを追い続けると同時に、経験の浅い方でも利益を出せるような手法を追求しています。

月間+1,200pips達成!

(月間利益+1,400万円達成!)

今は自由な生活を満喫してます。

エントリ―ポイントを掲載

為替取引は自己責任です。

ご自身の判断でお願い致します。

ページ上部へ戻る