買いが続かずに下落した後の売り +24.5pips

こんにちは。

長岡です。

 

短期のトレード解説です。

GBPCHF5分足。

 

 

水色のラインは長期間に渡って意識されているレートです。

かなり前から引いているラインなのですが、

現在も機能しており、各ポイントで止められています。

 

黄色の矢印のように上昇してきてから、

ダブルトップをつけて急下落。

 

水色のラインが長期で効いている強いラインであること。

水色ラインがオレンジの下落の戻りポイントになる確率が高いこと。

ここでレジサポ転換すること。

 

そういった考えに基づいて、

水色のラインまで戻ってきたところを売りエントリーです。

 

エントリーの根拠が1つよりも2つ、2つよりも3つの方が

利益を取れる確率が高くなります。

 

白のチェックマークのポイントで決済です。

 

 

 

GBPCHF 売り 

エントリー 1.30779

決済 1.30534

+24.5pips

 

 

複数の根拠があるポイントでエントリーするようにすれば、

必然的に勝率は高くなります。

逆に根拠が少ないポイントではエントリ―を控えるべきですね。

 

そういうふうにエントリーポイントを絞っていけば、

無駄な負けトレードが減り、勝率も上がります。

 

たまに勝率はそれほど重要ではないと言うトレーダーさんたちもいますが、

僕は勝率を重視しています。

 

勝率が高い方がトレードに精神的な負荷がかからなくなり、

長期間利益を取り続けることが出来ると考えているからです。

 

FXでは利益を取り続けることが重要なので、

なるべく精神的に負荷の掛からないやり方がいいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました