トレンド形成中短期トレンドフォロー 11/28のトレード② +15pips 222,958円

人気ブログランキングへ

こんにちは。

長岡です。

 

都会よりも田舎暮らしのほうが合っていると感じる今日この頃です。

 

今回もトレード解説をしていきますね。

 

EURGBP 買い 100万通貨

エントリー 0.89378

決済 0.89529

+15.1pips

+222,958円

 

 

上のチャートは、ユーロポンドの4時間足です。

1の上昇から、黄色ラインで押し目を付けて上昇トレンドを形成する途中です。

2の上昇が1の上昇の高値を超えれば上昇トレンド完成なのですが、その途中での買いを狙います。

こちらのチャートは1時間足です。

2は先程のチャートの1からの上昇の押し目になりますが、2からの上昇というのは、さらに小さいトレンドを形成しながら上昇していきます。

 

この上昇の波の中にさらに小さいトレンドが形成されているということは常に意識しておいてください。

そして上昇の中で発生している押し目がどの波に対してのものなのかを常に考えてください。

 

こちらは30分足チャートです。

ピンクのラインから一旦レジサポ転換の売りが入り、4からさらに上昇していますね。

黄色の丸印は、4の黄色の上昇の押し目になります。

そして、2の上昇トレンドが続いていくことになります。

黄色の丸印は、4の上昇の押し目が入るポイントであると同時に、3からの売りのレジサポ転換の買いが入るポイントでもありますよね。

それではさらに短期足を見ていきたいと思います。

 

 

こちらは5分足チャートです。

黄色の丸印は、先程のチャートの4からの上昇の押し目になります。

そしてピンクのラインでの先程の3の売りのレジサポ転換の買いが入り、一気に上昇し、売り勢力を抜いていきました。

水色の矢印が抜かれた売り勢力です。

水色のレジスタンスラインから売られていますね。

ピンクの上昇から高値を付けた後、一旦下落し、水色のラインで押し目を付けています。

ここで少しもみ合っていますが、水色ラインでレジサポ転換の買いが入ることを確信出来ましたので、買いエントリーしました。

白の矢印のポイントです。

白のチェックマークが直近高値で決済したポイントです。

 

今回のトレードは結局のところ上昇トレンドの上昇中を短期でタイミングを取って利益を獲っています。

このように長期で環境認識をして、短期でタイミングを取りエントリーするということが基本となり、最も安全に、というか効率よく利益を獲れると言えます。

 

強い勢力について行くことで、環境の力を借りて勝つ。

目線を固定することによって振り回されず、無駄な負けトレードをしない。

短期足でエントリ―タイミングを取ることによって、リスクを少なくする、より勝率を上げる。

 

初心者の方や経験の浅い方はまずこの考え方を頭に置いてトレードに取り組むようにして頂きたいです。

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

Author: 長岡