目線を固定し、トレーダーの負けを利用して買っていく +39.0pips  

こんにちは。

長岡です。

 

FXではどこで利益を取るかは自由なので、

わかるポイント、より簡単なポイントで、

利益を取った方がいいですよね。

 

それがどこなのかというと、

「動く理由がある」ポイントであり、

そういったポイントでトレードすれば、

勝率は上がり、利益は伸びやすいです。

 

相場では動く理由がわからないことが多いですが、

わかるポイントだけを狙い、

淡々と利益を積み上げていけばいいです。

 

今日もトレードを解説していきますね。

EURJPYのトレードです。

 

 

こちらはEURJPY4時間足チャート。

 

安値から上昇してきた相場は、水色ラインを上抜けし、

その後同ラインで3度サポートされています。

ここで買い支えられているので、

再度このラインを下抜けるまではロング狙いです。

 

ピンク枠のポイントでサポートされた後、

上昇し始めたので、

短期足で買えるポイントを探していきます。

 

 

こちらは1時間足。

 

ピンク枠のポイントでサポートされて上昇し、

高値を付けた後、

紫の急下落が発生しました。

 

しかしこの急下落が長い下ひげをつけて戻されているので、

買い勢力が強く、

急落で売りが終了し、売り勢力が弱くなったと考えられます。

 

 

こちらは15分足。

 

黄色矢印のポイントから、

紫の急落に対する戻り売りが入りましたが、

この下落はすぐに終了し、

水色の上昇が発生して白ラインを上抜けたことによって、

戻り売りは失敗しました。

 

黄色矢印のポイントから戻り売りをしたトレーダーたちは、

含み損となっています。

この戻り売りの下落が失敗したことによって、

ここから下へは行かず、

上へ行く確率が高いと判断出来ます。

 

水色の上昇後、落ちてきたところを、

白ラインから買いエントリーです。

 

白ラインは戻り売りを狙ったトレーダーたちのポジションが±0になるレートであり、

トレーダーたちが建値決済の買い注文をするので、

それに合わせて買いポジションを取ることによって、

含み損が出にくく、

エントリ―後に伸びやすいポイントです。

 

紫の急下落の起点である、

直近高値のレートで利益確定です。

 

 

EURJPY ロング

エントリー 133.189

決済 133.579

+39.0pips

 

今回のように買い狙いで目線を固定することによって、

短期で下落が発生しても、

それについていくようなことはせず、

売りが失敗してからの買いのみを狙うことが出来ます。

 

長期足で環境認識をして、

優位性のある方向へ目線を絞って狙う、

というやり方が、

堅く利益を取っていくトレード方法です。

 

狙う方向が合っていれば、

あとはシンプルな手法でトレードすれば勝てます。

 

なので、まずは長期足で優位性のある方向へ目線を固定する。

短期で逆方向にロウソク足の動きがあったとしてもエントリ―しない。

逆の動きが失敗し、

長期の目線の方向にロウソク足が動いたらエントリ―する。

 

こういった考え方でトレードしていけば、

勝率は上がり、継続的に利益を出せます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました