2017/10/2のトレード② +24pips 112,023円 買い支え抜けの売り

投稿者:

こんにちは。長岡です。

10月2日のトレードをもう一つ解説したいと思います。

 

トレード結果

 

 

GBPCHF 売り 40万通貨

エントリー 1.29567

決済 1.29326

+24.1pips   

+112,023円

 

 

今回のトレードはけっこう簡単かと思いますので、

ご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

トレードはシンプルにしたほうがいいとよく言われますが、本当にその通りです!

 

勝ってるトレーダーほど、チャートはシンプルに解読し、

ラインやインジケーターなんかも、必要なものだけ表示させているので、

見やすくなっているように思います。

 

負けているトレーダーほど、チャートを見せてもらうと、

ごちゃごちゃインジケーターをいくつも表示させていたり、

水平ラインも何本も引いていてわかりづらかったりします。

 

 

トレードの続きに行きますね。

 

 

上のチャートは、ポンドフランの1時間足です。

黄色のラインはいつも通り、ぱっと見てここで買われていることがわかるレートに

引いています。

 

おそらく、「ラインの引き方がわからない!」と思われている方も、

このラインは反応しているところに引いていることがわかるのではないかと思います。

 

誰でもわかるよーと思われた方。

それでいいんです!

誰でもわかるところに引くことが重要なのです!

 

ラインの引き方については、話すと長くなりそうですので、

のちのち改めてそれについての記事も書こうと思います。

 

黄色の矢印は買い支えられているポイントです。

 

上の画像は、先程のチャートの5分足です。

 

5分足などの短期足を見て、エントリータイミングを測ります。

 

②の赤矢印では、一旦窓開けのブレイクをしていますが、

またラインの上に戻されています。

 

しかし、その後だらだらとサポートされたまま、上昇もしようとしません。

 

 

だらだらとサポートされたあと、再度③の水色矢印でブレイクしています。

そして、その後戻しでラインを何度も上抜けますが、全て上ひげをつけて落とされていますね。

白枠のところです。

 

この上ひげを4つつけて落とされているポイントで、

かなり下に行く可能性が高いと思われます!

 

 

その後やはり下に陰線が出たので、

次の足でラインに引き付けてショートしました。

 

上のチャートの白矢印のところです。

白のチェックマークが決済したところです。

 

 

今回のトレードは以上です。

初心者の方にもわかりやすく、簡単なエントリーだったのではないでしょうか?

 

最初のほうでお話しした、トレードをシンプルにしていくことや、ラインの引き方などについては

また今後それについての記事を書こうと思います。

 

みなさんのトレードの参考になれば幸いです。

 

 



スキャルピングランキング

ポチ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

みなさんの応援があると、ブログを書く励みになります。

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です