環境認識について

人気ブログランキングへ

 

 

こんにちは。

長岡です。

今回は、環境認識をなぜするのか

をお話ししたいと思います。

 

この答えを簡単に言いますと、環境認識をしないと勝てないから、なんですね。

 

すみません、言い間違えました。

「僕たち個人トレーダーは環境認識をしないと勝てないから」です。

 

では、

なぜ、個人トレーダーは環境認識をしないと勝てないのか?

 

極端なことを言うと、大口のヘッジファンドなどの投資家であれば、環境認識をしなくても勝てます。

なぜなら、資金量が全然違うから。

 

相場は資金量によって動くので、僕たち個人トレーダーがいくら束になってかかっても、少数の大口のヘッジファンドなどには勝てません。

 

その資金でレートを動かし、ときには個人トレーダーに対して、意図的に損をさせるようにすることもできるんですね。

 

以前の記事でも言いましたが、為替取引での利益というのがどこから得ているのかを簡単に言うと、損をしているトレーダーから得ています。

 

これでは全ての人が勝てるということはなくなるのですが、もともとそういう仕組みになっているので、仕方がありません。

 

そして、大口の投資家たちは個人トレーダーに意図的に損をさせることによって、大きく儲けようとするんですね。

 

先程も言いましたが、大口の投資家と私たち個人のトレーダーたちでは、その資金の量が全然違いますので、戦いにいけばまず勝ち目がありません。

 

では僕たち個人のトレーダーはどうやって勝てばいいのか?

 

簡単に言うと、僕たち個人のトレーダーが勝つためには、環境に頼ればいいんですね。

 

そして、大口の投資家が作った流れの方に乗っかること。

ただ単純に長いものに巻かれること。

これが個人トレーダーが勝つ簡単な方法です。

 

自分たちの力で勝つわけではなく、環境に助けてもらう。

流れが向かっている方向へただ単に乗っかる。

 

ということなんですよね。

 

この環境認識の意味と重要性は、初心者の方には特にお伝えしたいです。

 

なぜなら、初心者の方を見ていると、特に短期足でのエントリ―に固執する傾向にあるから。

しかし、短期足のエントリ―の力では、資金量があるトレーダーには勝てないんですよね。

 

なので、長期足の環境に頼り、より精密なエントリ―、逆行をしない、リスクの少ないエントリ―をするために短期足を使う、というふうにして頂きたいんですね。

 

では、どのように環境を頼ればいいのか?

 

この環境認識の具体的なことに関しては、話すと長くなるので、今後トレード解説の記事などでも詳しくお話ししていこうと思いますが、特に難しいことをするわけではありません。

 

まず、相場認識に必要になってくるのがラインです。

ラインは相場を見やすくするために、トレーダーたちが意識しているであろうレートに引きます。

 

チャートでは長期の4時間足や日足、1時間足を見て、サポートラインやレジスタンスラインを引き、サポートされた後は買いを狙い、レジスタンスされた後は売りを狙う。

 

長期のトレンド、トレンド形成をしっかりと見極める。

上昇トレンド途中には買いを狙い、下降トレンド途中には売りを狙う。

 

簡単ですよね。

 

今言った通り、環境認識で重要になってくるのは、レジスタンスライン、サポートラインと、トレンドです。

 

ただし、このラインやトレンドにも、意味のあるもの、狙うべきポイントというものがあるんですね。

 

で、ラインでのレジサポ転換や、トレンドを狙うにしても、以前お話しした大衆心理を考えて頂きたいんですよ。

 

ラインはしっかりと買いや売りが入っているところを理解して引く、トレンドもしっかりとトレーダーたちの損切り、建値決済を利用して、トレンドを形成していくポイントを狙う。

 

結局同じラインを引き、同じポイントを狙うことになったとしてもこれを理解しているのと理解していないのでは全然違うんですよね。

 

正直、これを理解することが基本です。

 

理解せずにトレードをしているとトータルで勝つこと、勝ち続けることが難しくなってきます。

FXは単発の勝ちではなく、一生勝ち続けることこそ意味があるものなので、結局のところ、理解せずにトレードすること自体意味がないということになってしまいますよね。

 

そして、これを理解していないと、いくらインジケーターを組み合わせても勝てません。

 

インジケーターを使って勝っているトレーダーたちも、しっかりと理解した上で、補助としてインジケーターを表示させているに過ぎません。

 

なので、先程言ったことをしっかりと理解していって頂きたいです。

 

ちなみに先程お話しした通り、トレンドやラインについてはここでは長くなってしまうので、今後の記事でもさらに詳しくお話ししていきたいと思っています。

 

 

 


長岡のエントリ―を習得したいという方は、こちらのエントリ―マニュアルを入手してください。(無料です)

ブログやTwitterでも度々登場しているエントリ―

僕が長年利益を出し続けている手法はこちら

 

『長岡の秘伝エントリ―』徹底解説

⇧こちらをクリック

 


 

 

 

 

 

 

 

 

Author: 長岡