トレンドについて

こんにちは。

長岡です。

 

相場から簡単に利益を取るには、

トレンドの方向に売買する、

ということをよく言われます。

 

トレンドの力というのは強く、

その方向に売買していくだけで優位性はありますし、

トレンドに逆らわずにトレードすることは基本的なことです。

 

しかしそれはわかっているけどなかなか利益を出せない、

という人も多いです。

 

なので、今回は少しトレンドについてお話ししていこうと思います。

 

 

ダウ理論でのトレンドっていうのは、

高値と安値が切り上がっていれば上昇トレンド、

高値と安値が切り下がっていれば下降トレンドです。

上の図は上昇トレンドの図です。

 

上昇トレンドの場合、

この押し目を下に抜けない限りトレンドは継続する、

というのがトレンドの定義になっており、

押し目を下に抜けてくればトレンド終了ということになります。

 

 

上昇トレンドに沿って利益を取っていくというのは、

押し目を拾ってトレンドフォローを狙うということです。

FXではトレンドが継続しやすいといわれているので、

画像のように押し目買いをしていけば利益を取りやすい、

ということになります。

 

 

しかし、長期のトレンドと同じ方向にエントリ―していても、

画像のように押し目を狙っても、

逆行して損切りとなり、なかなか利益を出せなかったりします。

 

なぜトレンドの方向へ売買しているのに逆行するのか、

ということですが、

簡単に言うとトレンドがどこまで続くか分からないからです。

 

 

出来上がったチャートではトレンドが継続していて利益を取れているように見えても、

リアルタイムで相場を見ていると、

現在地からトレンドが継続していくかは判断できないことが多いです。

 

 

トレンドが続いているからと思って安易にエントリ―すると、

それがトレンドの最後の方だったり大きな波の戻りが入ったりして、

逆行して負けてしまいます。

 

で、トレンドと同じ方向にエントリ―しても利益を出せない、

ということになります。

 

 

トレンドは続けば続くほど、継続する力が弱くなっていきます。

 

トレンド発生後、エントリーする波が遅ければ、

トレンドが終了して逆行する確率も高いです。

 

なので、トレンドの最初の方を狙えば利益を取りやすいということになるのですが、

ただ単にそういったポイントを狙えばいいというわけではないです。

 

 

上昇トレンドでは、

しっかりとトレンドが押し目を作り、上昇して高値を超えていくこと、

それがトレンド形成、そしてそれが続けばトレンド継続です。

 

高値を超えていくトレンドの間を抜くことで、

勝率の高いトレードが出来ます。

トレンドと同じ方向にエントリ―して負けるということは、

エントリー後、押し目から上昇しない、

高値を超えていかない、

というふうにトレンドを形成していかない場合です。

 

そういうポイントを狙わず、

高値をしっかりと超え、トレンド形成していくポイントを狙うんです。

 

 

なので大衆の損切りと建値決済を利用するということが重要になってきます。

 

トレーダーたちが含み損を抱え、

建値決済をするところでトレンドの高値を狙えばいいんです。

 

下の図の赤の丸のポイントです。

上の画像では、

下落後に赤ラインで戻り売りが発生していますが、

その下落は継続せず、

もみ合った末に赤ラインを上に抜けてきています。

 

赤ラインから売っていたトレーダーたちは、

含み損を抱えるので、

再度赤ラインまで落ちてきたところで建値決済をします。

 

その買いの力で上昇し、発生するトレンドを狙うんです。

 

すると、青ラインの直近高値を超え、

上昇トレンドを形成するので、

赤丸のポイントで買いエントリーしていれば利益を取れます。

 

 

ただ何となく上昇トレンド継続中だから買いを狙うというわけではなく、

しっかりとトレンドを形成し、

上昇トレンドなら高値、下降トレンドなら安値を越えていくところを狙うんです。

 

それがトレーダーたちの損切り、建値決済を利用したトレンドです。

 

トレンドの方向に売買するだけでも優位性はありますが、

さらに勝率を上げて固く利益を出したいというのであれば、

こういったポイントを狙った方がいいです。

 

 

 

それ以外にも、

トレンドの方向に売買しているのに利益を取れない理由として、

環境認識ができていないということもあります。

 

 

トレンドが目標としているレジスタンス、サポートに到達していたり、

上昇トレンドがさらに大きな下降トレンドの戻りに過ぎない、

という場合です。

長期足をみて環境認識をしていれば、

このようなことを回避することができます。

 

長期足でラインを引き、

レジスタンスラインの手前では買わない、

サポートラインの手前では売らない。

 

長期足で下降トレンドを形成していれば、

上昇が続かないと判断して買わない、

ということができます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました